Alexa Dev Day Tokyo 2018レポート – Alexa Skillでデバイスを操作する #devdays #alexa

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、中村です。 今日は2018年10月12日、13日に千葉はヒルトン東京ベイにて行われた「Alexa Dev Day Tokyo 2018」の様子をレポートします。

この記事では、Alexa Skillのセッションレポートになります。スピーカーはAmazon Web Service Japan プロトタイピングソリューションアーキテクト市川純氏です。

レポート

Intel製品の紹介

今回のAlexa Dev DayはIntelさんのスポンサードで行われています。AWSとIntelでIoTのDeveloper Kit を開発しているのでぜひ利用してください。

NUC(Next Unit of Computing)でAlexaデバイスを作成したり、IoTゲートウェイとして利用できます。

今回の話したい内容

デバイスクラウドに求められる代表的な機能要件

AWS IoT アーキテクチャ

  • IoTデバイスとAWSの接続だけでなく、アップデート・デバイス保護・分析などの機能を提供

AWS IoT Core(デバイス制御)

Device Shadow
デバイスに対して変更したいステータスをセットする。通知されたステータスを取得し、デバイスのステータスを変更する。デバイスがネットワークに繋がっていない状態の時に通知を行っても、反映されるのはデバイスがネットワークに接続した時なのでタイムアウトなどを実装の検討する。
ex. 車のエンジンをかけるスキル

AWS Greengrass(エッジ処理)

  • 機械学習を利用したエッジでの推論もこれを使う。

Amazon FreeRTOS(エッジ処理)

  • Greengrassよりも小型で低消費電力、様々なデバイスに搭載

AWS IoT Device Management(デバイス管理)

Amazon Cognito(アカウント管理)

スキルからデバイスを使いたい場合は、アカウントリンキングが有効。

AWSのサービスで実装する場合は、Amazon Cognitoを使うといい。

Auth Codeを取得→Tokenを取得する。

取得したTokenを利用し、IoTデバイスを登録する。

スキルからAPIを叩いて、デバイス情報を取得しコマンドを伝える。

まとめ

Alexaスキル開発者は、AWSプロモーションクレジットに申し込むと月100ドル分のクーポンを受け取れます。ご利用ください。

いかがでしたでしょうか。個人的にIoTの基礎的な情報が整理できました。