Alexa Dev Day Tokyo 2018レポート- ASK 最新事情 #alexa #devdays

せーのでございます。今日は2018年10月12日、13日に千葉はヒルトン東京ベイにて行われた「Alexa Dev Day Tokyo 2018」の様子をレポート致します。

この記事では2日目午前中のセッションより「ASK最新事情」をレポートします。スピーカーはAmazonシニアソリューションアーキテクトであるJustin Jeffress氏、同じくデベロッパーエバンジェリストの畠中俊巳氏です。

レポート

  • Echoシリーズ、多数登場

  • Alexa Presentation Language(APL)が使えるようになる
    • APLデモ

  • エンタメ向けスマートホームスキルAPI公開。テレビのチャンネルやボリュームを変更できる

  • Skills Connections(Developer Preview)発表
    • スキルがRequesterとProviderに分かれる
    • 私はRequesterになる、という宣言をする
    • Provider側はメーカーが作る
    • Account Linkでデバイスメーカーのクラウドにつなぐ
    • どのプリンタに出す、というものを予め設定しておく
    • Providerに対してリクエストを出す
    • 出したいデータはURLで指定する
    • タイプはPDF / HTML / JPEGの3種類
    • Skill Connections Demo

  • カスタマープロファイルAPI
    • 日本にはなかなか使っている例がない
    • オプトインになるので、許可されていない場合は直接名前を聞く、などのワークアラウンドがあるとよい
    • オプトインの許可を促す場合、そこでセッションを切らずに、「Alexaアプリで許可をしてくださいね。今回はお名前を教えてもらえますか」というようにサービス自体は継続させるようにする
    • アメリカでは車で動くAlexaが多く、運転しながらのAccount Linkはとても危険

  • Alexa SDK for Python

  • ASK Toolkit for VSCode (Beta)
    • Visual Studio Codeの中でASKコードが呼び出せるようになっている
    • コードスニペットが効く。「ASK…」と打ち込むだけでハンドラーやモデルのフォーマットが簡単に生成できる。

  • Alexa Skill アイコンビルダー
    • 申請用の小さいリンクに実は8月から登場している
    • アイコンのサンプルがかなりの数ある
    • Skill アイコンビルダー Demo

  • Amazon Pollyの利用(Developer Preview)
    • 話者をPollyのキャラクターから選べる
    • SSMLでタグで話者、タグで言語が選べる
    • これを使うと日本語スキル内で他の言語をナチュラルに話すことができる
    • Amazon Pollyを使ったSSML Demo

  • ビルトインスロットの追加
    • 曜日
    • 音楽や本のジャンル

まとめ

いかがでしたでしょうか。個人的にはAmazon Pollyの使用はそんなに重要でもないかな、とスルーしかかっていたのですが、実はAmazon Pollyを使うと、日本語のスキルの中で多言語がナチュラルに話せるようになる、と聞いて俄然やる気が出てきました。