Alexa for Business スキル管理編 #reinvent #Alexa

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

1 はじめに

前回までの記事で、Alexa for Businessの「デバイスのセットアップ」「部屋の管理」「プライベートスキルの作成」をやってみました。


Alexa for Business デバイスのセットアップ編 #reinvent #Alexa
Alexa for Business 部屋の管理編 #reinvent #Alexa
Alexa for Business プライベートスキルを作ってみました #reinvent #Alexa

引き続き、今回は、スキルの管理をやってみたいと思います。

2 スキル追加の手順

Alexa for Businessにおいて、スキルを追加する手順は、以下のとおりです。

  • 組織で使用するスキルの有効化
  • スキルグループへの追加
  • 部屋への追加

複数の部屋で有効になるスキルは、有効になるまで最大5分間かかるとドキュメントに記載されています。 手元で作業した状況では、台数も少ないためか、すぐに利用可能になっていました。

3 組織で使用するスキルの有効化

最初に、組織で使用するスキルを有効化します。

AWSコンソールのAlexa for Businessサービスで、Skills > Alexa skills storeで、ストアで公開されているスキルを選択できます。

目的のスキルを探すには、Filter Byでカテゴリで絞り込んだり、文字列でフィルターすることが出来ます。

図では、「Classmethod」という文字列で絞り込み、弊社がUSで公開しているスキルを表示しています。

使用するスキルのEnableボタンを押すと、スキルは有効となります。

有効になった、スキルは、Skills > Enabled skillsに一覧されます。

また、プライベートスキルは、Skills > Private skillsから有効化します。

4 スキルグループへの追加

Skills > Enabled skillsで追加したいスキルにチェックしてAdd to skill groupを選択します。

追加するスキルグループにチェックして、Addを選択します。

Skill groups から、現在、スキルグループに追加されているスキルを一覧できます。

5 部屋への追加

最後に、スキルグループを部屋に紐づけます。

Rooms > Skill groupsAdd skill groupを選択します。

追加するグループにチェックを入れてAddボタンを選択します。

Rooms から部屋を見ると、Skillsの所に、その部屋で有効になっているスキルが確認できます。

6 最後に

今回は、スキルの管理についてやってみました。

次回は、個人的なAlexaアカウントでAlexa for Businessに接続する要領いついて確認してみたいと考えています。

7 参考リンク


Managing Skills
Private Skills
Alexa for Business デバイスのセットアップ編 #reinvent #Alexa
Alexa for Business 部屋の管理編 #reinvent #Alexa
Alexa for Business プライベートスキルを作ってみました #reinvent #Alexa