[レポート] 【事例紹介セッション】 ファミリー/子ども向けスキルにおける活用事例、VUIデザインのポイント #AlexaDevSumi

はじめに

AIソリューション部の平内(SIN)です。

本ブログは、2018年12月14,15日に開催されたAlexa Dev Summit 2018のセッション、
「【事例紹介セッション】 ファミリー/子ども向けスキルにおける活用事例、VUIデザインのポイント」のレポートです。

概要

スマートスピーカー/スマートディスプレイを中心とした据え置き型の音声デバイスは、家庭における親子のコミュニケーションのみならず、子どもの知育やレクリエーションなど、子どもがいる家庭にとって様々な可能性を秘めています。一方で認知処理能力や語彙などが成人と異なるため、大人向けのVUIデザインをそのまま適用するだけでは不十分なケースが存在します。本セッションでは、欧米の最新事例からファミリー/子どもにウケるスキルのポイントを紹介しながら、デザイン上の留意点やテクニックについてを解説していきます。 (Powered by 株式会社WHITE )

レポート

講師及び会社の紹介

講師を努めて下さったのは、株式会社WHITEのVUIスペシャリスト 長友 裕輝さんです。

現状

最初に、子供によるスマートスピーカーの利用の現状分析です。

  • そもそも子供は使うのか? => めちゃくちゃ使われている
  • 一人で使ってるのか? =>だれかと一緒に使っている(PCのように1人で使うことは少ない)

子供は、スマフォネイティブと言われているが、4歳以下は、VUIから入っている

子供が使う鉄板4本として、「歌モノ」「クイズ・トリビア」「キャラモノ」「インタラクティブノベル」があるが、特に、スマートスピーカーならではのものとして、ユーザーの答えでストーリーが変わっていくようなものは、独特であると言える。

子供向けのスキルと言いながら、親も期待するところがある

  • 子供の遊び相手として期待
  • 子供の養育に期待
  • 子育てしながらハンズフリー・知育目的

いづれにしても、今までなかった存在への対応となる

「人間のように対話し、会話力や機能が日々アップグレードされるコンピューターとともに育つはじめての時代」

4つの視点

キッズ向けスキルを企画する上で、必要な4つの視点がある

(1) 子供の年齢・能力

子供は、一歳違うと大きく違う<=このことは、非常に重要

(2) 利用文脈

いつ誰がどこで(5W1H)利用するのかという、利用コンテクストへの考慮が重要

(3) 使わせる親の視点

最終的にスキルを有効にできるのはであるため、使わせる親の視点も重要

  • 遊び相手の肩代わりとして期待

  • 親の教育ポリシーに沿っているか。

「男ならこうあるべき・・・」みたいな矯正は、良くない

シンデレラを禁止している(女性の主体性にそぐわない)

  • 子供の好きなものは、大人もすき、とは限らない

「シモネタ」は、子供はすきだが、親は引いてしまう。

(4) 学びのポイント

学びのポイントが重要。学びがなく、単に中毒性のあるものは、問題がある。

どのような学びの側面を盛り込むか

  • 物理法則を忠実に再現
  • 社会性、コミュ力

盛り込みたいポイント

  • 語彙力
  • 表現力
  • 共感性
  • 英会話
  • 他者との関係性

  • 「2020年の教育改革」や、「21世紀型スキル」がキーワードとなる

子供向けスキルのデザインテクニック4カ条

最後に、キッズ向けスキルのVUIデザインテクニックということで、紹介があった4カ条

  • やりがいとわかりやすいフィードバック
  • not ゲームデザイン but コミュニケーションデザイン
  • 子供のミスは否定しない and システムのミスは楽しく
  • 現実世界とのつながりを意識する

例として、以下のようなものが紹介されました。

  • サウンドアクションは、わかりやすいフィードバックとして大事

  • コミュニケーションのデザインをしっかり行う。クイズを通して主体性を養う。

  • 子供のミスを否定しないで、楽しく持って行く

  • エラーをエラーとして処理しない。うまくフォローする。

  • 現実世界とのつながりを意識する

最後に

現状分析についてや、着目すべき点を丁寧に紹介して頂き、子供向けスキルのデザインのポイントが非常によく分かる、素晴らしいセッションでした。

株式会社WHITE様の貴重なノウハウを、惜しげも無く共有頂いたことに、心から感謝申し上げます。