【構築5分】ノンコーディングでAlexaスキルを作成できる「Alexa Skill Blueprints」が日本でも使えるようになりました

Alexa Skill Blueprintsを使うと、ものの数分で独自のスキルを作成することができます。開発や構築、プログラミングなしでサクッと作成できるので、気軽に今使っているEchoデバイスのカスタマイズを行うことができます!是非チャレンジしてみてください!
2019.03.26

はじめに

用意されているテンプレートからサクッとスキルを作成できる「Alexa Skill Blueprints」が、日本語スキルでも利用可能になりました!

【Alexa Blogs】自分だけのAmazon Alexa スキルを簡単に作成できるツール「Alexa Skill Blueprints」が日本でも使えるようになりました

Alexa Skill Blueprintsとは、トリビア/グリーティングメッセージ/カスタムQ&Aなど、用意されているテンプレートを選択し必要な値を編集するだけで、対話モデルの編集やバックエンドの構築を行うことなく数分で独自のAlexaスキルが作成できてしまう公式のサービスです。

コーディングなしでスキルを作成できる「Alexa Skill Blueprints」は”プライベートスキルの構築”というもっともっと大きな可能性を秘めている

様々なテンプレートが用意されており、普段スキル開発に馴染みが薄い方でもAlexa Skill Blueprintsを利用することで簡単に今使っているAlexaデバイスを拡張することができます。

やってみる

早速、Alexa Skill Blueprintsを使ってスキルを作ってみましょう。
まず、Alexa Skill Blueprintsにアクセスします。

画面右上の「Sign in」から、EchoなどAlexaデバイスを利用しているAmazonアカウントでサインインします。

スキルを一から開発する場合、開発者コンソールのDeveloper登録が必要でしたが、Blueprintsのみでスキルを作成する場合はDeveloper登録されたAmazonアカウントでなくともスキルの作成が可能です。

画面に表示されているテンプレートの一覧から、作成したいスキルを選択します。
今回はAlexaにあらかじめ準備した選択肢を自動で選んでもらう「ルーレット」スキルを作ってみます。

テンプレートの概要が表示されますので、「作成」をクリック。

あらかじめ用意されているカテゴリーと選択肢が表示されています。
このルーレットスキルでは、スキル内でカテゴリーを指定することで、そのカテゴリーで定義されている選択肢をAlexaが自動で選んでくれます。

せっかくなので、新たにカテゴリーと選択肢を追加してみます。
画面下部の「カテゴリーを追加する」をクリック。

カテゴリー「筋トレ」とその下の選択肢に種目を追加します。

選択肢が追加できたならば、「次へ:詳細」をクリック。

詳細の設定画面では、ルーレットスキルについて以下を編集することができます。

  • スキル起動時の最初のメッセージ
  • 以下のタイミングでのAlexaのフレーズ(効果音+発話)
    • カテゴリー指定後
    • 選択肢を選ぶ前
  • 画面付きデバイスでの背景画像

今回はそのままで、「次へ:モデル名」をクリック。

スキル名の編集画面になるので、好きなスキル名を入力します。
ここでは、スキル名=呼び出し名(スキルを起動させる時の呼び名)となります。

今回はデフォルトの「休日の計画」として「次へ:スキル作成」をクリックすると、スキルの作成を開始します。

スキルの作成中画面となりますので、数分ほど待ちましょう…

以下の状態になれば、スキルの作成は完了です。

ものの数分でスキルを作成することができました!早速スキルを動作させてみましょう。

注意事項

Alexa Skill Blueprintsを利用してスキルを作成する場合の注意点をいくつかあげておきます。

  • 「カスタムQ&A」は1つだけ作成可能(他のテンプレートはいくつ作ってもOK)
  • Blueprintsスキルはスキルストアには公開不可。2019/3/26時点では個人利用のみ可能(他のユーザーと共有することは可能)
  • Blueprintsで作成したスキルは、カスタムスキルではなくBlueprintsスキルとして扱われ、開発者コンソールから編集などすることは不可(Blueprintsコンソールからのみ編集可能)

おわりに

Alexa Skill Blueprintsを使うことで、用意されているテンプレートから数分でスキルを作成することができました。
Echoは持っているけどスキルの開発はちょっとハードルが高いかな…と思っていた方も、Alexa Skill Blueprintsを使って独自のスキル作成にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!