[小ネタ]入社1ヶ月の新人がAlteryx Designer Coreの資格に合格した話。

2021.01.26

はじめに

こんにちは。新しくAlteryxユーザーサポートチームに配属された、

崔(チュイ)です!

今回11月2日に入社し、わずか20日間の勉強でAlteryx Designer Coreに合格しました!

どうすれば短期間で合格できるのか、何を勉強すればいいのかを共有しようと思っております。

おそらくこちらのブログ記事を見ていらっしゃる方は主に日本人の方ですので、私よりも簡単に合格できると思います!

Alteryxとは?

データ前処理・加工・分析ツールです。

直感的なUIを利用し、自身で作業の流れを作成する事ができます。

そのためコーディングや専門知識がない方でも、簡単に複雑なデータを処理する事ができます。

Alteryx Designer Coreとは?

アナリティクス初心者を対象に、Alteryxの基本機能に対する知識を測定するための試験です。

  • 対象ユーザー:アナリティクス初心者
  • 質問:80問
  • 質問形式:選択問題
  • 制限時間:2時間
  • 費用:無料

合格したら何が変わるの?

資格を取得する事でAlteryx designerの基本的なツールの操作を知ることができます。

Alteryxを勉強したいけど何から目標にしたら良いのか悩んでいる方にこちらの資格取得をオススメいたします。

合格したらメールでこちらのマークと合格証明書が送られてきます。

そして、Alteryx コミュニティの中のプロフィールにAlteryx Designer Coreの認定バッチが得られます!

何を主に勉強したらいいの?

入社当初は「Alteryxはデータを扱うツール!」の認識がありました。 何でもいいからとりあえず関連するものを見ようと思い、いろいろブログや関連情報を探しましたが、その中で一番役に立ったのは

この二つのトレーニングと模擬試験を受けて、試験本番に挑戦しました。 結果は不合格でしたが1週間後にまたチャレンジして、無事合格しました!

不合格の場合、一週間後に試験を受けることができます。皆さん1週で合格を目指しましょう!

この時、主にした勉強は下記のとおりです。

  • 前回の試験でわからなかったものをメモしておいて関連の物を検索して勉強

基本ツール関連ドキュメントリスト

分類

入出力

標準

結合

パース

変換

ドキュメンテーション

参考ドキュメント

タイトル

Alteryx Designer のショートカット

https://help.alteryx.com/ja/current/designer/shortcuts-alteryx-designer

フラット (ascii) ファイル

https://help.alteryx.com/ja/current/designer/flat-ascii-files

データ型

https://help.alteryx.com/ja/current/designer/data-types

動的入力

https://dev.classmethod.jp/articles/alteryx-inputdata-union-dynamicinput/

Alteryx のメール送信機能

https://dev.classmethod.jp/articles/sending-emails-from-alteryx-jp/

ワークフローグループ

https://dev.classmethod.jp/articles/alteryx2018-2-new-workflow-group/

試験のTIP

  • 選択肢に注意!

    • 一つ選択するものと二つ以上選択肢に分かれます。なのでラジオボタンだったら一つ、コンボボックスの場合は二つ以上を選択することに注意してください!

  • 事前準備!

    • Alteryx試験で独特なのは問題の中でデータをダウンロードして、実際ノードを作ってみないと分からない問題があることです。

    • ノードの操作は配点が高いので、受験前にパソコン中のダウンロードフォルダを綺麗にしておくこととAlteryx Designerを開いた状態で試験に入ってください。 (designerの起動時間短縮とダウンロードファイルが探しやすくなるためです!)

まとめ

Alteryx Designer Core試験対策として私が勉強した内容と皆さんに教えたい試験のTIPをご紹介いたしました。

一回で合格しなかったことで落ち込まないでどんどん進みましょう!

諦めなかったらいつか合格はします!

今後、皆さんがAlteryx Designer Coreを受ける際にお役に立てれば幸いです!