[re:Invent 2018] 毎年恒例!AWS認定者ラウンジに行ってきた #reinvent

re:Inventといえば認定者ラウンジということで、早速行ってきました!
2018.11.27

こんにちは、菊池です。

今年もきました、re:Invent。re:Inventといえば認定者ラウンジということで、早速行ってきました!

認定者ラウンジ

認定者ラウンジ(Certification Lounge)は、re:InventやSummitなどの大きなイベントで会場内に用意される、AWS認定取得者のみが入場できるラウンジです。今年も昨年同様、VenetianとAriaに用意されています。

AWS Certification | re:Invent 2018

Venetianのラウンジ開場前の様子。場所は例年と同じ、レジストレーション会場近くの階段をおりた1Fにあります。7:30開場でしたが、7時前には待機の列ができはじめました。

こちらが受付。登録カードを提示して、認定取得状況を確認してもらいます。

中には、軽食やコーヒ、コーラなどのソフトドリンクが用意されています。

VRのゲームがありました。AWSの構成図を使ったゲーム?を体験できるみたいです。

電源、ソファーなども用意されていますので、セッションの合間のリフレッシュやブログ執筆にもってこいです。

入場特典

お待ちかね(?)の入場者にプレゼントされるグッズの紹介です。今年は、キャップ、Tシャツ、ウォータボトルの3つがもらえました!

早速キャップを装備する9冠ホルダーの様子。

こちらがTシャツ。

また、認定レベルに応じたバッチも受け取ることができます。

AWS認定を取得しよう!

AWS認定を取得することで、誰でも入場することができます。認定試験は会場でも受験可能ですので、イベントを快適に過ごすため、ぜひこの機会に取得してはどうでしょうか。

また、つい先日、4つ目のSpecialty認定として、AWS Certified Machine Learning – Specialty も登場しています。

AWS認定Specialityに新カテゴリ「AWS Certified Machine Learning – Specialty」が登場 ! #reinvent

こちらも近いうちに狙っていきたいと思います。

過去の認定者ラウンジの記事はこちら