CX事業本部 に IoT事業部 ができました!

CX事業本部にIoT事業部ができました。本記事を読めば、IoT事業部を完全に理解できます。
2021.07.07

クラスメソッドにCX事業本部が誕生して、早いもので2年が経ちました。

そんなCX事業本部は今までチーム制だったのですが、2021年7月より新たな事業部が誕生しました。

  • LINE事業部
  • モバイル事業部
  • MAD事業部
  • IoT事業部
  • グローバル事業部
  • Experience Orchestration Group

本記事では、IoT事業部を紹介していきます!!!

  • クラスメソッド創立記念日(7月7日)おめでとう!

クラスメソッド創立記念日!

クラスメソッド創立記念日おめでとう

おすすめの方

  • CX事業本部について知りたい方
  • IoT事業部について知りたい方

CX事業本部は、お客様が困っていることを一緒に解決する部門

まずはCX事業本部を簡単に紹介します。

我々は技術をコアに持ちながら、お客様・エンドユーザの体験価値を高めることに貢献するチームです。 お客様が感じている「不満・不便・不快・不安・不明瞭・など」に焦点をあて、改題解決を行っていきます。

CX事業本部とは

……はい、カッコいいことを言っていますが、噛み砕いて伝えると、「お客様(事業会社)が困っていること」を「プロダクトの視点・技術の視点」で一緒に解決していく部門です。

CX事業本部とは(シンプルに)

IoT事業部は、IoTを武器に、お客様の困り事や課題を解決する部隊

IoT事業部は、IoTを武器に、お客様の困り事や課題を解決する部隊です。 今まではCX事業本部の「チームIoT」として活動していましたが、このたび、「IoT事業部」になりました

我々は、製造業・医療・農業・小売など業種を問わず、データをクラウドで活用したいお客様とチームを組んで活動しています。 デバイス連携・データ保存・データ可視化・データ活用などのシステムを作りながら、「本当の課題は何か?」をお客様と一緒に考えて解決するチームです。

CX事業本部のIoT事業部とは

IoT事業部の特徴

キーワードは下記です。

  • Serverless
  • AWS
    • IoT Core
    • Lambda
    • DynamoDB
    • Kinesis DataStreams
    • etc...
  • Web App
  • IaC
    • AWS SAM
    • AWS CDK
  • MQTT
  • API
  • Computer Vison
  • Hardware
  • Raspberry Pi
  • SORACOM
  • etc...

また、開発はアジャイルで行っており、お客様とOne Teamを組んでいきます。

IoT事業部のメンバー

21人のメンバーがいます。

  • エンジニア:16人
  • プロダクトマネージャー、スクラムマスター:3人
  • デザイナー:1名
  • 営業:1人

IoT事業部のプロジェクト紹介

過去のプロジェクトを含め、紹介できるプロジェクトを紹介します。

スマートエクステリア(LIXIL様)

下記の事例紹介のプロジェクトです。当時からメンバーや構成もさらに進化し続けています。

ちなみに、LIXIL 佐々木様は、Serverless Meetup Japan Virtual #13にも登壇されています。

IoT構築支援

お客様のIoT構築について、我々が支援する形で参加することもあります。

  • AWSアーキテクチャ設計支援
  • AWS IoT全般のコンサルティング、および、レクチャー

DevelopersIO CAFE

クラスメソッドが運営しているDevelopersIO CAFEでも、IoT事業部のハードウェアを得意とするメンバーやComputerVisionを得意とするメンバーが参画しています。

DevelopersIO CAFE 回路基板

レジなし無人冷蔵庫

AWS公式が下記を公開しています。

これを受けて、IoT事業部のメンバーが実際に作ったりしています。

IoTプロダクト開発

IoT事業部の有志メンバーが、IoTプロダクトの開発をしています。

いろいろなサーバーレスアプリケーションの開発

IoT事業部と名乗っていますが、IoT以外もバッチリ対応できます。というか、IoTは目的ではなく手段なので、当たり前のように対応します。

  • Webアプリ開発
  • API開発

各種プロジェクトにスクラムマスターとして参画

IoT事業部には、スクラムマスターも在籍しています。そして、様々なプロジェクトに対して、スクラムマスターとして参画し、「本当の課題は何か?」をお客様と一緒に考えています。

IoT事業部は、圧倒的なアウトプット!

ブログのアウトプットが圧倒的です。2020年7月〜2021年6月の1年間で、535本のブログを書いていました。

IoT事業部のアウトプット

ちなみに、2021年7月1日〜7日の7日間で、すでに10本を超えるブログを書いています。

さいごに

気になった方は、ぜひ、会社説明会にご参加ください。 「CX事業本部に特化した会社説明会」もたまに開催しています!

参考