[速報] Slack で Amazon Chime Meetingsアプリが利用可能に![超簡単] #reinvent

2019.12.05

はじめに

こんにちは、大阪オフィスのちゃだいんです。
現在、AWS re:Invent 2019 in ラスベガスに参加しております。

[速報] [速報] Slack で Amazon Chime Meetingsアプリが利用可能になりました!

今日から、SlackユーザーはSlackのAmazon Chime Meetingsアプリを使用して、Slackワークスペースチャンネルと会話から直接、Amazon Chimeオンライン会議を開始および参加できます。Amazon Chime Basicを使用すると、ユーザーは1対1の音声通話とビデオ通話を開始し、参加者としてグループ会議に参加できます。

SlackのAmazon Chime Meetingアプリは、新しいアカウントを作成または管理することなくAmazon Chimeの使用を開始できるように、アプリを初めて使用するときに新しいユーザーを自動的に登録します。

Amazon Chime Meetings App for Slack is Now Available

早速やってみた

1.SlackでChimeアプリを有効にする

  • 以下ページの Visit Slack app directory to install へ進みます

Amazon Chime Meetings App for Slack - Amazon Web Services

  • Slackブラウザ版にて、Chimeアプリの説明が表示されたので、追加します

  • リクエスト承認を聞かれたので許可します

  • Slackワークスペースへの追加が完了しました!

2.Chimeアプリを呼び出す

  • Slackにて /chime と入力し送信すると、セットアップを完了させてくださいと言われました

  • プライバシー保護ポリシーへの承認を行います

  • そうすると、次は /chime を入力すると有効になってました

  • チャンネルに「参加するボタン」がコメントされました。これでチャンネルのメンバーが参加できるようです

3. 実際にテレビ会議をしてみる

  • 「参加する」を押すと、マイクとスピーカーの使用を聞かれたので、[User my computer`s...]を選びます

  • Chimeのページが別タブで立ち上がりました!

  • メンバーに参加してもらったら、お互いの顔をミーティングができました。チャットもできます!

感想

普段Slackを利用しているユーザーであれば、とても簡単に Amazon Chime を利用できるようになりました。
これを機会に是非一度、Chime を使ってみてはいかがでしょうか?
以上、現場からでした。