TalendからSalesforceに接続するコンポーネントについて調べてみた。

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

好物はインフラとフロントエンドのかじわらゆたかです。
Talendには様々なデータソースに接続するコンポーネントがあるのですが、
その中でSalesforceに接続するコンポーネントについて調べてみました。

tSalesforceConnection

tSalesforceConnection

その名の通り、salesforceに対しての接続を行うコンポーネントです。
設定する情報は接続先・ユーザー名・パスワードなのですが、接続するためにはSalesforce側の設定が必要です。
設定を行わずに接続しようとすると、以下の様なメッセージが表示されます。

Exception in component tSalesforceConnection_1
org.apache.axis2.AxisFault: LOGIN_MUST_USE_SECURITY_TOKEN: ユーザ名、パスワード、セキュリティトークンが無効か、ユーザがロックされています。
新しい場所からログインしていますか? 貴社の信頼済みネットワーク外からデスクトップクライアントまたは API 経由で Salesforce へアクセスする場合、
パスワードにセキュリティトークンを追加してログインする必要があります。
新しいセキュリティトークンを取得するには、Salesforce にログインします。
個人設定から、[クイック検索] ボックスに「私のセキュリティトークンのリセット」と入力し、
[私のセキュリティトークンのリセット] を選択します。

Talend_Open_Studio_for_Data_Integration__6_0_0_20150702_1326____SalesForceImportSample__接続__ローカル_

とても、親切なエラーメッセージが出てきたので、対応していきたいのですが、
ここで私が探してしまったのが『個人設定から』の部分がわからず混乱しました。

Salesforceにログインした時の画面は以下のような画面になっています。
SalesForceTop

その中の自分の名前をクリックして表示された項目の中に、私の設定といった項目がでてきます。
これがエラーメッセージ内に記載されている個人設定になります。
私の設定

個人設定の画面を開いたら、クイック検索の項目が左側に表示されているので、
エラーメッセージに基いて私のセキュリティトークンのリセットと入力します。
TokenReset

セキュリティトークンのリセットを行うかを確認する旨の画面が出るので、リセットを行います。
リセットを行うと以下の様な画面が表示されます。
私のセキュリティトークンのリセット__セキュリティトークンのリセット___Salesforce_-_Developer_Edition

アカウントに紐付いているメールにセキュリティトークンが送付されます。 Token送付

Resetを実施した際に表示された文言に基づきパスワードの項目にパスワードとセキュリティトークンを入力し、実行し例外が発生しないことを確認します。 Talend_Open_Studio_for_Data_Integration__6_0_0_20150702_1326____SalesForceImportSample__接続__ローカル_2

まとめ

今回はSalesforceに接続するところまで行いました。
次回はSalesforceに既に配置してあるテストデータをMySQLのテーブルに反映させてみたいと思います。