Alteryx2019.3新機能:Alteryx ConnectとPromoteのアップデートまとめ

こんにちは。DA部の兼本です。

日本時間の2019年9月4日、Alteryxの2019.3がリリースされました。Alteryx Connect および Promote のリリースノートはこちら。

Alteryx Connect および Promote 2019.3では、それぞれ以下の新機能が追加されています。

Alteryx Connect

  • Connectに保存されているメタデータの履歴の古いバージョンを管理する機能が実装されました。
    管理メニューで「Cleanup」を選択し、古いバージョンを削除するタイミングを指定できるようになりました。

選択可能なオプション([ ]内の値を変更可能)
全ての古いバージョンを削除
[100][日/週/月/年]よりも古いバージョンを削除
[100][日/週/月/年]よりも古いバージョンを削除、ただし最新の[100]バージョンを保持
最新の[100]バージョンのみを保持
  • [管理]メニューの[Connection]を選択して、Connectから各種メタデータローダーを直接実行できます。
    実行できるデータソースとして、MySQL、Impala、Hive、Spark、PostgreSQLなどのサポートが追加されました。(一部データソースは2019.2で機能追加済みです)

  • HP Verticaローダーを使用してConnectにメタデータをアップロードできるようになりました。

  • Snowflakeローダーを使用してメタデータ収集が追加された後、ウェアハウスを一時停止するSQLステートメントを送信できるようになりました。

  • ImpalaローダーはODBCおよびDSN接続文字列をサポートするようになりました。

  • メタデータの読み込みとエントリの作成が最適化され、メタデータの読み込み速度が向上します。

  • Alteryxローダーのパフォーマンスが8倍高速になりました。(※Alteryx社調査による)

Alteryx Promote

  • [Overview]タブに、コード、オブジェクト、パッケージなど、モデルに関連する詳細が表示されるようになりました。

  • 他のAlteryx製品に合わせて、Promoteのユーザーインターフェースデザインをアップデートしました。

まとめ

今回はAlteryx Connect および Promote 2019.3の新機能についてご紹介いたしました。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400