Alteryx2018.4新機能紹介:Publish to Tableau Server Toolが新しくなってConnectors(コネクタ)カテゴリから選べるようになりました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、にいのです。

Alteryxの新バージョン、2018.4が2018/11/15にリリースされました!新機能についてご紹介するAlteryx 2018.4 新機能紹介シリーズのひとつとして、少し新しくなったPublish to Tableau Server Toolについてご紹介します。

Publish to Tableau Server Toolとは

データソースをTableau Serverにパブリッシュする機能をもつツールです。

下記ブログでも使い方をご紹介していますが、バージョンアップしておりますので改めて使い方を公開します。

AlteryxのTableauワークフロー『Publish to Tableau Server Tool』を試してみる #alteryx

2018.4版

これまでのPublish to Tableau Server ToolはGalleryからツールをダウンロードしなければなりませんでしたが、2018.4からはConnectors(コネクタ)のカテゴリ内に最初から追加されています。

このツールではTableau Online、Tableau Server 10.5以降のバージョンをサポートしています。

Tableau Server (9.0.1 - 10.4)は古いバージョンのツールでサポートされています。古いバージョンはGalleryからダウンロード可能です。

そして見た目にも変更があります。

Tableau Serverにデータソースをパブリッシュする

では、さっそく新しくなったツールを使ってみましょう。 サンプルデータ3つをそれぞれ結合し、項目の選択・ソートした上でTableau Serverにパブリッシュする簡易なワークフローを作成しました。

Sign in to Tableau Server

まずはTableau Serverに接続します。設定に必要な内容は下記の通りです。

Saved Connections 保存済みの接続を選択。新規の場合は選択不要。
User Name Tableau Serverのログインユーザー名
Password Tableau Serverのログインパスワード
Server URL Tableau Serverにログインする際に使用しているURL
Site デフォルトのサイトを入力。(ブランクでも可)
Add Connection(optional) 接続情報を保存する場合は任意の接続名を入力。
次回以降はSaved Connectionesのドロップダウンリストから選択可能。

Configure Data Source

Tableau Serverに接続できたら次は出力するデータソースの設定が可能です。設定に必要な内容は以下の通りです。

Project name Tableau Server上のプロジェクト名を入力
Data source name データソース名を入力
Output options 出力の際の挙動を選択可能。
Create:新しいデータソースファイルを作成。同名ファイルが存在する場合エラーとなる。
Overwrite:新しいデータソースファイルを作成。同名ファイルが存在する場合は上書きする。
Append:既存ファイルに追加する。
Data source format データソースのフォーマットをtdehyperから選択
Data source meta info データソースをtdsx形式で出力する場合、.tdsファイルのファイルパスを入力する。
入力すると処理したデータと.tdsファイルを合体した.tdsxファイルがパブリッシュされる。

パブリッシュする

上記ワークフローを実行するとTableau Server上にデータソースがパブリッシュされました!

おわりに

新しくなったPublish to Tableau Server Toolについてご紹介しました。他の2018.4のアップデート内容はAlteryx 2018.4 新機能紹介シリーズにて公開しておりますので、ぜひご参照ください。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400