【速報】AWS re:Invent 2017 Keynote 1日目で発表された新サービスまとめ #reinvent

1279件のシェア(殿堂入りの記事)

今からキャッチアップしたい人のために!

AWS re:Invent 2017のKeynote 1日目で発表された新サービスの速報記事をまとめました。ついでに、Keynote前日までに発表されている新サービスもまとめています。

Keynote Day 1での発表

Keynote以外の発表

今年はKeynote以外でも、割と大きめの発表が数多く行われています。

Keynote Day1の後でのリリース・アップデート

Keynote Day1より前でのリリース・アップデート

AWS Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)

Amazon Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)が発表されました!待望の、AWSが提供するマネージドKubernetesです。

【速報】AWSのマネージドKubernetesサービス、Elastic Container Service for Kubernetes(EKS)が発表されました! #reinvent

AWS Fargate

簡単に言うと、コンテナのホストとなるEC2を管理することなく、コンテナを起動するサービスです。フルマネージドコンテナサービスと言えば良いでしょうか。コンテナイメージを作成し、CPUとメモリサイズを指定し、ネットワークとIAのポリシーを定義するだけで、コンテナが起動します。

【速報】新サービスAWS Fargateが発表されました!! #reinvent

Amazon Aurora Multi-Master

Amazon Auroraは今までRead Replicaを増やすことにより、読み込み性能を向上させることが可能でした。今回レプリカだけでなく、マスタを複数インスタンスを起動することで書き込み性能を向上させることが可能になりました!

【速報】Amazon Auroraのマルチマスタ機能が発表されました! #reinvent

Amazon Aurora Serverless

Aurora Serverlessは、予測不能/周期的アプリケーションワークロードに対応した、オンデマンド、オートスケールデータベースサービスです。

【速報】新しいDBサービスAurora Serverlessが発表されました! #reinvent

Amazon DynamoDB Global Table

リージョンレベルでのマルチマスターのテーブルを作成することができます。しかも、数クリックで構築できます。そのため、堅牢性や耐久性の向上に加え、1つのデータを共有しつつ、世界の複数リージョンにエンドポイントを持てるので高速な読み込み書き込みを実現できます。世界レベルで利用されるアプリケーションの要求にも耐えられます。これは興奮ものですね。各リージョンへのレプリケーションは、多くの場合1秒以内に完了するようです。

【速報】DynamoDB Global Tablesが発表されました! #reinvent

Amazon DynamoDB Backup and Restore

DynamoDBのバックアップ機能がリリースされました!!!同時にPoint-in-Time Restore機能も2018年のリリースが予告されました!!!!!!パフォーマンスへの影響なしに数百TBのデータのバックアップを容易に取得可能とのことです!

【速報】DynamoDBにバックアップ/リストア機能が追加されました! #reinvent

Amazon Neptune

フルマネージドのグラフデータベースサービス、 Amazon Neptune が発表されました。Apache TinkerPop をサポートしており、 Resource Description Framework (RDF): Concepts and Abstract Syntax に準拠したグラフモデルとなっています。

【速報】AWSのフルマネージドグラフデータベースサービス、Amazon Neptune が発表されました! #reinvent

Amazon S3 Select

新しいAPIを使用して、オブジェクト内のデータを選択および取得します。S3オブジェクトデータのサブセットを処理するアプリケーションの高速化します。データアクセスのパフォーマンスを最大400%に高速化し、S3 SELECTを使用することで分析の高速化ができます。

【速報】新サービスS3 SELECTが発表されました!! #reinvent

Amazon Glacier Select

Gracierにクエリを投げることができるGracier Selectが発表されました!標準的なSQLを利用して、Gracierオブジェクトを取得し、アクセスが可能になります。

【速報】Gracierにクエリを投げることができるGracier Selectが発表されました!! #reinvent

Amazon SageMaker

機械学習のモデル作成とトレーニングが非常に簡単になる新サービス「Amazon SageMaker」が発表されました!

機械学習はとにかく複雑で大変でした。専門家が必要なのはもちろん、学習モデルの開発にはコストがかかりますし、教師付き学習データの作成とトレーニングによる調整を常に行う必要があります。それらを解決するためにリリースされたのがAmazon SageMakerです。Amazon SageMakerは、機械学習モデルを早く簡単に構築、トレーニング、ホストするためのフルマネージドな機械学習サービスです。

【速報】機械学習のネクストジェネレーション!新サービス「Amazon SageMaker」が発表されました!! #reinvent

AWS DeepLens

ディープラーニング用に最適化されたオンボードのコンピューティングを搭載したHDビデオカメラです。カメラそのものにものにコンピューティングが搭載されているため、リアルタイムでのディープラーニングが可能となっています。

【速報】新サービスAWS DeepLensが発表されました! #reinvent

Amazon Rekognition Video

今回発表された「Amazon Rekognition Video」はその名の通り、Amazon Rekognitionの機能が動画で使える、というものです。Rekognitionが発表されたのがちょうど1年前のre:Invent2016の時ですから、1年で凄まじい進化を遂げたことになります。今回のRekognition Videoの発売に伴い、現在のRekognitionは「Rekognition image」というサービスに変更されています。

【速報】Amazon Rekognition Videoが登場! #reinvent

Amazon Kinesis Video Streams

Kinesis Video Streamsは、数百万台を超えるカメラデバイスからのビデオストリームを安全に取り込むことができるサービスです。デバイスにプロデューサSDKを組み込んだアプリケーションを実装することで、ストリームへビデオデータを送信することができます。

【速報】ストリーム映像の取り込みサービス Kinesis Vedeo Streams が発表されました! #reinvent

Amazon Transcribe

音声ファイルをS3に配置してAmazon Transcribeを実行すると、スピーチを文字に起こしてくれるサービスです。鮮明な音声だけでなく、電話音声など不鮮明なものでもかなりの精度で文字起こし可能とのことです。現在対応している言語は英語(US)とスペイン語です。音声ファイルの形式はWAV, MP3, Flacなど様々な形式に対応している模様です。

【速報】自動文字起こしサービス「Amazon Transcribe」が発表されました!! #reinvent

Amazon Translate

Amazon Translateは高度な機械学習を使用してテキストベースのコンテンツを高速に多言語へ変換できるニューラルマシンの翻訳サービスです。今まで言語の翻訳を行おうとすると、外部の翻訳サービスを利用することが必要でした。Amazon Translateにより、アプリケーションをリアルタイムで多言語対応することもできそうです。

【速報】リアルタイム翻訳サービス Amazon Translateが発表されました! #reinvent

Amazon Comprehend

AWSの自然言語処理サービス、Amazon Comprehendが発表されました!Amazon Comprehendは、レビューやニュース記事などの非構造化テキストの分析を行う事ができます。

【速報】AWSの自然言語処理サービス、Amazon Comprehendが発表されました! #reinvent

AWS IoT 1-click

IoT 1-clickが発表されました!複数のデバイスのAWS Lambdaトリガーをワンクリックで作成可能になるようです。

【速報】新サービスIoT 1-clickが発表されました #reinvent

AWS IoT Device Management

デバイスを管理するサービスです。IoTでは数百万、数千万のデバイスを管理する必要があります。これを管理できるマネージドサービスです。

【速報】AWS IoT Device Managementが発表されました! #reinvent

AWS IoT Device Defender

IoTデバイスをしっかり守る!新サービス「AWS IoT Device Defender」が発表されました!継続的監査(Audit)、リアルタイム検出とアラート(Monitor and Alert)、調査と解決(Investigation and Mitigation)ができるようになります。

【速報】IoTデバイスをしっかり守る!新サービス「AWS IoT Device Defender」が発表されました!! #reinvent

AWS IoT Analytics

デバイスデータの分析を容易にできるAWS IoT Analyticsが発表されました! 本日から利用可能です!

AWS IoT Coreで取得されたデバイスのデータをサービス内に保管してくれます。に対して検索を行うことができます。Iot Analyticsを通じて保存されたデータはAmazon QuickSightやJupyter Notebookと連携することで、高度なデータ探索を行うことが可能です。

【速報】デバイスデータの分析を容易に!AWS IoT Analyticsが発表されました! #reinvent

Amazon FreeRTOS

RTOSとは"Real Time Operating System"のことで、エンベデッド向けのOSです。Amazon FreeRTOSは、オープンソースのポピュラーなFreeRTOSを核として、拡張が施されたものとのことです。

【速報】IoTデバイスのOS「Amazon FreeRTOS」が発表されました #reinvent

Amazon Time Sync Service

Time Sync ServiceはAWSが提供するマネージドのNTP(時刻同期)サービスです。従来のEC2ではAWSが提供するNTPサーバーは無く、インターネットにあるNTP Pool ProjectのNTPサーバーを参照するのが一般的でした。 Time Sync ServiceはVPC内のIPアドレスで提供されるため、インターネットへのトラフィックなしにEC2で時刻同期を行えるようになりました。

【速報】マネージドNTP Amazon Time Sync Serviceが登場 #reinvent

Amazon EC2 H1 Instance

2017年11月現在、オレゴン、バージニア、アイルランドのリージョンで、ストレージ最適化インスタンスとして「H1」の選択が可能になりました。

[新機能] Amazon EC2のストレージ最適化インスタンス「H1」が利用可能になりました #reinvent

Amazon EC2 M5 Instance

EC2のインスタンスタイプは用途別に分類されており、今回追加された「M5」は汎用インスタンスの第5世代となります。2017年11月29日現在、M5インスタンスはバージニア、オレゴン、アイルランドの3リージョンで利用できます。 リザーブドインスタンス、スポットインスタンスも、ともに利用する事が可能です。

[新機能] Amazon EC2の汎用インスタンスM5が利用可能になりました #reinvent

Amazon EC2 T2 Unlimited

Launch Templates for Amazon EC2 Instances

AutoScaling,Spot Fleet,Spot,On-Demand instancesのための合理化と簡略化された起動方法です。1つのリソース内のすべての起動パラメータを取得することで作成に必要となるステップ数を削減することができます。

【速報】新機能 Launch Templates for Amazon EC2 instancesが公開されました #reinvent

Amazon VPC Inter-Region VPC Peering

これまでは異なるリージョンのEC2やRDSにプライベートに接続したい場合は、どちらかのリージョンに別途VPN用のインスタンスを作成する必要がありました。今回の機能追加により、従来のVPCピアリングと同じように異なるリージョン間でプライベート接続が可能になりました。

[新機能]リージョン間のVPCピアリング「Inter-Region VPC Peering」がリリースされました!

AWS WAF Managed Rules

WebアプリケーションファイアーウォールのAWSマネージド・サービスであるところの、AWS WAFですが、本日のアップデートで、マネージドルールに対応いたしました!はっきり言って、導入に少々敷居が高かったAWS WAFなのですが、このリリースで導入の敷居が一気に下がるのではないでしょうか。かなり大きなアップデートといえます。

【速報】AWS WAFがマネージドルールに対応しました! #reinvent

AWS Greengrass Machine Learning Inference

Greengrass ML Inferenceは、AWS Greengrassデバイスのローカルで実行できる機械学習推論です。トレーニングされた機械学習モデルをGreengrassデバイスにダウンロードしておくことで、デバイスがオフラインになった状態でも、生成されたデータに対し、学習済みモデルに基づいたアクションが可能になります。

【速報】エッジデバイスで機械学習推論!Greengrass ML Inferenceが発表! #reinvent

AWS Systems Manager

AWS環境で行う管理作業を、統合されたユーザーインターフェースから行えるサービスです。Amazon EC2 Systems Manager(SSM)やCloudWatchなどの製品の機能を使用して、リソース全体で豊富な操作を可能にする、グループ化、視覚化、および問題に対処する新しいエクスペリエンスを定義します。

【速報】AWS環境をまとめて管理!新サービス「AWS Systems Manager」が発表されました! #reinvent

Amazon Sumerian

re:Invent 2017の最初の新サービスとして、VRやARのコンテンツを作成・ビルド・起動を提供する「Amazon Sumerian」が発表されました!

VR&ARコンテンツ作成サービス「Amazon Sumerian」が発表されました! #reinvent

Amazon Media Services

AWS公式ブログにて、動画メディアの処理・保存・収益化のためのサービス群「AWS Media Services」のリリースが発表されました!

動画メディアの処理・保存・収益化のためのサービス群「AWS Media Services」がリリースされました! #reinvent

AWS AppSync

Mobile Application Development: State of the Union のセッションの中で新サービスの発表がありました。AWS AppSync です。クロスプラットフォームでデータのリアルタイム同期を行うために、GraphQL をベースとしたアプリケーションのバックエンドを提供してくれます。

【速報】クロスプラットフォーム開発のための GraphQL バックエンド AWS AppSync が発表されました!※プレビュー版登録可能です #reinvent

Amazon MQ

新しいサービスがリリースされました。Amazon MQです。中身は、そのまんまActiveMQのようです。AWSは、運用が面倒なMQ(メッセージキュー)をマネージドで提供することで、エンタープライズな環境に導入済みのMQのクラウドマイグレーションを促進します。ActiveMQは、OSSとして多くの実績があり、クライアントライブラリが豊富で、様々なプロトコルに対応しているため、既存のエコシステムに乗りやすいのが特徴です。新規でシステムを開発する際にはAmazon SQSやAmazon SNSを用い、既存システムのマイグレーションにはAmazon MQを使ってみてはいかがでしょうか。

Amazon MQによるエンタープライズシステムのクラウドマイグレーション #reinvent

Amazon GuardDuty

継続的にAWS環境のセキュリティのチェックをしてくれるサービスのようです。具体的には、VPCフローログやCloudTrailのイベントログ、DNSログなどを分析してAWS内で予期しない活動や、悪意のある行為を検知することが出来ます。

【速報】自動セキュリティ分析サービス「Amazon GuardDuty」が発表されました!! #reinvent

Amazon API Gateway Canary Release Deployments

API Gateway に新しい機能が追加されました。Canary Release Deployments です。つまり、一部の先行ユーザーにだけ、新しいAPIへ振り分ける機能、ということになります。東京リージョンでも利用可能です。

【新機能】 Amazon API Gateway が Canary Release Deployments (新しいバージョンへの部分的な振り分け) に対応しました #reinvent

プレビューのお申し込みはこちら!

いくつかの新しいサービスは、プレビューリリースのためプレビュー申請を行わないと試せません。以下の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

【新サービスを触りたい人必見】re:Invent 2017の新サービスPreview申込み一覧! #reinvent