【来場御礼】Developers.IO 2017レポートまとめ #cmdevio2017

0701 Dev.IO

当日の様子をいろんな形でご紹介

みなさま、7月1日(土)に開催したクラスメソッドのカンファレンスイベント「Developers.IO 2017」にお越しいただきありがとうございました。数十にもおよぶセッションは会社説明会を含めていずれも盛況で、登壇者としても有意義な時間となりました。本記事では当日の様子をまとめた記事などをご紹介します。

Developers.IO 2017 イベントフォトレポート

こちらの記事では写真を交え、時系列で当日の様子をご紹介しています。また、当日基調講演で登壇した佐々木によってまとめられたツイート集はこちら。

Developers.IO 2017 #cmdevio2017|Togetter

ハッシュタグ「#cmdevio2017」で検索すると沢山の人々がツィート(トゥート)してくださっているのがわかります。

あと、当日販売していた弊社二次元社員めそ子Tシャツを着てくださった女子も。ヘルシー!

本当にたくさんの方々にお越しいただき感謝です。そして、当日の様子をブログにまとめてくださった方々には改めてありがとうのメッセージを。セルフアウトプット大好き企業ではありますが、こうして参加者の方が上げてくださるのはまた違った喜びに包まれます。本当にうれしいです。

Developers.IO 2017に参加してきました|のんびりSEの議事録
社内で「あっ写真撮ってへんやんけ!」とあとから気づいたノベルティの数々をアップしてくださってありがとうございます!おみくじ?

20170701 Developer.IO に参加してきました|まりぱらおーぐ
「このイベント3年目だそうで、個人的には、エンジニア向けだけでなく、カスタマーに向けてもやっていいのではと思いました」ですって!(@社内)

Developers.IO 2017 に参加しました #cmdevio2017|garbagetown
「飲み切れないほど大量のビール (プレミアムモルツ!) と、食べ切れないほどの食事、そしてなぜか光る棒が振る舞われました」ほ、ほら高火力流行ってるし…(震声)。ご来場ありがとうございます!

Developers.IO 2017 に行ってきた|怒Mは思いつきでモノを言う
「思想というか取り組みについても『いい会社』なんだろうなと思わせる内容でした」そう言っていただけて何よりです。 念のためですが採用情報置いておきますね。

Devalopers.IO 2017に行ってきた|上京エンジニアのお話
「東京での勉強会は初参加」人生の節目じゃないですか…!Developers.IOを選んでくださって感謝。

2017年7月2日日曜日 Developers.IO 2017にいってきましたー|なかやまろぐ
「ビジュアルレポートや!」「似てる!」「イケメンに寄せてもらってる!」と社内が大盛り上がりでした。

Developers.IO 2017に参加しました|n3104のブログ
今回はいち参加者として会場を回った能登の社内レポート。

セルフレポート上げるまでがDevelopers.IO 2017

そして、各セッションについて登壇者自らが執筆したレポートがアップされていますので、そちらもぜひご覧ください。

基調講演

セッションタイトル 登壇者
History of AWS,Still Halfway through 佐々木大輔

13:00〜

セッションタイトル 登壇者
クラメソの請求を支える技術(サーバーレス編) ~40歳中年エンジニアの生存戦略~ 植木 和樹
Cloud Native RDBMS Aurora ~進化は止まらず~ 大栗 宗
 クラメソのWebサイトを支える技術 鈴木 亮
EC2+RDSを基本から 西澤 徹訓
設計に答えはないから探してみよう ~ iOSアーキテクチャ意見交換会 田中 賢治
今からはじめるボードゲーム解析 平田 圭

13:00~14:45

セッションタイトル 登壇者
基礎から公開までじっくり学ぶ「Alexaスキル」の作り方 -クラメソ夏のデモ祭り- 清野 剛史
現場で使える Amazon Athena 石川 覚

14:00~14:45

セッションタイトル 登壇者
基礎からのOAuth 2.0 ~認証と認可の概念、認可コードとアクセストークンの意味~ 都元 ダイスケ
AWSで始めるビッグデータ分析 八幡 豊
実案件で見るデータ分析用AWS基盤の構築方法 甲木 洋介
Akka StreamsとScalaで実装する マルチメディア・オンラインサーバの世界 和田 祐介
Yarn Applicationの作り方 小澤 祐也
Androidで使えるKotlinレシピ 亀井 栄利

15:00~15:45

セッションタイトル 登壇者
開発環境でのDocker活用事例と本番運用に向けて考えたこと 西田 将幸
Alexaで変わる開発、変わらない開発 丹内 優紀
AWS Serverless Application Modelのデプロイ戦略 中山 幸治
UXデザインというマジックワードで玉砕した昔話と クラスメソッドでのデザイン活動 田中 由希子
AWS Security Best Practices Whitepaperをガッツリ読み解く会 森永 大志
今さら聞けないAWSによる監視の世界 菅野 昌孝
Redshift と Digdag で始める!クラウド・データ分析基盤の勘ドコロ 川崎 照夫

15:00~16:45

セッションタイトル 登壇者
Ansibleハンズオン on AWS 渡辺 修治
ブログタイトル 投稿者
「Ansibleハンズオン on AWS」をお手伝いしました 豊崎 隆
「Ansibleハンズオン on AWS」で利用したIAMの設定 岩本 貴久

16:00~16:45

セッションタイトル 登壇者
Amazon Elasticsearch Serviceの使いドコロ 藤本 真司
AWSネットワークのL4以下の話 大瀧 隆太
Voice User Interfaceの歴史と未来 - 人類はVUIにたどり着き、どこへ向かうのか 諏訪 悠紀
iPhoneによるAlexa/Lex/Pollyを利用した音声対応アプリの作成方法 平内 真一
ここからはじめるAWSセキュリティ 阿部 洸樹
Pythonを使ってターミナル上でアニメーションを動かそう 横山 文人
MongoDB on AWS Advance 菊池 修治

改めまして、ご来場や記事へのアクセスありがとうございます。クラスメソッドは今後もDevelopers.IO(サイトのほう)およびDevelopers.IO(イベントのほう)を始め、皆さまに技術情報プラスアルファをお届けできるよう邁進してまいります。新しい取り組みを始める際にはサイト等でご案内しますので、ぜひコンタクトしてみてください!それではまた来年!多分!