【速報】【re:Mars 2019】AIドリブンの新しいダイアログ構築方法「Alexa Conversations」が発表! #Alexa #AlexaDevs

せーのでございます。
只今私はAmazon初めてのAI・機械学習系カンファレンス「re:Mars 2019」に参加するため、アメリカはラスベガス「Aria Casino & Resort」に来ております。

先程Keynoteで新しいダイアログの構築方法「Alexa Conversations」が発表されました!

Alexa Conversationsとは

スキル構築で手間のかかる部分として「沢山のサンプル発話を書く」「あらゆるフローを想定してロジックを組む」という部分があります。これはスキル開発者では半ば「そういうもの」と諦めていた部分があったのですが、今回の「Alexa Conversations」はそのサンプル発話の構築、フローロジックの開発を、AIを使用して自動化できる、というものです。

方法

開発者は「Alexaが返すプロンプト」と「サンプルのダイアログ」、後は「ユーザーに期待する行動を書いた注釈」をAlexaに投げます。
そうするとAlexaはその内容とセッション内のダイアログの履歴を元に再帰的にニューラルネットワークを使って学習を行い、「Alexa Conversations predictively models」を構築します。結果、本来開発者が考慮に入れるべき「ユーザーが答えたSlotの順番が意図したものと違った場合」「ユーザーがSlotを修正したい時」「エラー時のハンドリング」などを自動生成する、というものです。

会場では実際にこのAlexa Conversationsを使ったスキルが紹介され、なんと70%近くのコード量が削減されたそうです。

アメリカのみ、プレビュー開始

未来感満載のこの機能、残念ながらまだアメリカリージョンのみのプレビュー提供となります。
英語でもいいから試してみたい、という方はこちらのプレビューから申し込んでください。

参考ページ