re:Invent 2020でMedia & Entertainmentなセッション情報をざっくりまとめてみた [Week 3と2021/01] #reinvent

re:Invent 2020、第3週目と年明け2021/01のMedia & Entertainmentなセッション情報を公式ブログをもとにまとめてみました。第3週目は少なめですが、年明けに楽しそううなセッションがたくさんありますよ!
2020.12.12

はじめに

清水です。初のオンライン開催となったre:Invent2020も折り返しを迎えました。残るはWeek 3と2021/01の3日間(12-14)です。本エントリではそんなre:Invent 2020の残り期間でのMedia & Entertainmentなセッション情報をざっくりとまとめてみました。なお、セッション情報については以下のAWS Media Blogでポストされたエントリ、そこからリンクされている「Media & Entertainment Virtual Attendee Guide 2020」を元にしています。(どちらの情報も適宜アップデートされていますが、2020/12/12現在の情報を元にしています。)

セッション日時(再配信日時含む)については正確な記載を心がけたつもりですが、書き間違いなどもあるかもしれません。re:Invent 2020公式ページでも日時をご確認の上、カレンダーなどにも登録してお楽しみください。右上のSearch窓からセッションIDを入力することでセッションの検索が行えます。またセッション情報については、re:Invent 2020公式ページ記載の情報をGoogle翻訳で日本語に変換したものを記載しています。

なお、Week 1ならびにWeek 2のMedia & Entertainmentなセッション情報は以下にざっくりまとめています。内容についても公開されているオンデマンドセッションを参照できるようリンクを追加しました。

Week 3のMedia & Entertainmentなセッション

Week 3のMedia & Entertainmentなセッションは1件のみとなっています。(残念、、ですが年明け2021/01のセッションはすごいことになっていますよ!)

Accelerating outcomes and migrations with Savings Plans

セッション情報

Savings Plansは、Amazon EC2、AWS Fargate、AWS Lambdaで最大72%節約できる柔軟な料金モデルです。 多くのAWSユーザーは、2019年11月のリリース以来、シンプルさ、節約、使いやすさ、柔軟性のために節約プランを採用しています。 このセッションでは、貯蓄プランを使用して移行とビジネスの成果を促進する組織の数を学びます。 Comcastから、クラウドへのコンピューティング変換の旅と、それがRIでどのように始まったかについて聞いてください。 クラウドの使用法が進化するにつれて、新しいアーキテクチャパターンなどのビジネス成果を推進するために貯蓄プランを採用しました。

2021/01のMedia & Entertainmentなセッション

年明け2021/01/12-14の期間のMedia & Entertainmentなセッションです。Week 3が少なかったぶん?たくさんあります!!特にMedia & Entertainmentではおなじみの?セッションIDがMDSで始まるセッションがMDS204-MDS208と5つあります。これは楽しみですね。期間も日本時間で2021/01/15に始まるセッションや、再配信が021/01/16 0:00に始まるセッションもあります。てんこ盛り!

Distributed machine learning for digital video and TV ad serving

セッション情報

テクノロジーリーダー、データサイエンティスト、機械学習(ML)エンジニアを対象としたこのセッションでは、FreeWheel(Comcast企業)がAmazon SageMakerを使用して、1日あたり数十億件の広告配信レコードのデジタルビデオとリニアTVの広告インベントリを予測する方法を学びます。 。 FreeWheelが、オーディエンスセグメント、地域、メディアタイプにまたがる大規模な長期の時系列在庫予測のために、エンドツーエンドの分散型MLパイプラインをどのように構築したかをご覧ください。 さらに、FreeWheelが学んだベストプラクティスと教訓を取り除いて、AWSのクラウドベースのソリューションを使用して、精度を向上させ、トレーニング時間を短縮し、コストを最適化し、広告インベントリ予測の落とし穴を回避します。

Live content production on the AWS Cloud

セッション情報

クラウドは、信頼性の高い運用を維持しながら、放送局、スポーツ連盟、およびOTT企業を面倒で柔軟性のない設備投資モデルから解放しています。 AWSを使用すると、メディア組織は主要なイベントのライブプロダクションオペレーションをスケールアップし、オフシーズンまたはプロダクションの休止中にスケールダウンできます。 クラウドでのライブプロダクションでは、製品とコンテンツの機能をハードウェアの更新ライフサイクルから切り離すことで、新しい形のイノベーションも可能になります。 ブロードキャストソリューションプロバイダーのグラスバレーがAWSクラウドを使用して、ボタンを押すだけでほぼすべての規模、複雑さ、ジャンルのライブプロダクションを可能にする方法を学びます。 また、AWSがクラウドでのライブビデオ操作を可能にする新しいテクノロジーをどのように開発しているかを聞いてください。

Innovate, enhance, and secure OTT and B2B video delivery

セッション情報

コンテンツの貢献と配信の世界は変化しており、AWSは人々が最新の課題を解決するのを支援しています。 ユースケースが1対多であろうと多対1であろうと、AWSはメディアコンテンツ用にカスタムビルドされたソリューションを提供します。 このセッションでは、2つのユースケースについて説明します。1つは集中型配信にフィードするマルチサイトコントリビューションに焦点を当て、もう1つは複数サイトへの安全性の高い集中型コントリビューションに焦点を当てています。 AWSの使いやすさ、柔軟性、スケーラビリティ、セキュリティが、最新のコンテンツの貢献と配信の進歩をどのように可能にするかを学びましょう。

How Sony Interactive Entertainment renders with AWS

セッション情報

ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)ワールドワイドスタジオは、非常に成功した情熱的なゲーム開発スタジオとサポート機能の多様なネットワークであり、世界で最も有名なPlayStationゲームの作成を担当しています。 このセッションでは、SIEクラウドインフラストラクチャプロジェクトマネージャーのAsgharNisarとエンジニアのAndyTaylorが、AWSを使用してビジュアルイメージとエフェクトをリモートでレンダリングするためにSIEが既存のインフラストラクチャをどのように最新化しているかを共有します。 AWS Thinkbox Deadline Amazon EC2 G4およびP3dnグラフィックスインスタンスを使用して、アーティストがレンダリングワークロードの完了を待つのではなく、クリエイティブな作業の反復に多くの時間を費やすのを支援する方法をご覧ください。

Empowering users with natural language search

セッション情報

コンテンツ作成者は、ユーザーが簡単にアクセスできる方法でコンテンツをカタログ化するという、ますます増大する課題に直面しています。 コンテンツの膨大なアーカイブからユーザーの検索に関連するコンテンツを提供するには、最も関連性の高いコンテンツから最適なものを自動的に提供するシステムが必要です。 ウォールストリートジャーナルは、Amazon Kendra機械学習サービスを使用して、Talk2020を作成しました。これは、ユーザーが自然言語検索でスピーチやメディア出演から何千ものトランスクリプトをクエリできるツールです。 チームが克服した課題と、AWSとの連携により、以前は不可能だった革新的で使いやすいカスタマーエクスペリエンスをチームがどのように提供できるかを学びます。

How Disney+ deploys globally with Amazon ECS

セッション情報

Disney +が開発者にAmazonECSを使用してグローバルに拡張し、お気に入りのディズニークラシックと真新しいオリジナルを提供する方法をご覧ください。 このセッションでは、Disney +を使用して、開発者が最小限のインフラストラクチャの労力でアプリケーションを構築できるようにするためのベストプラクティスについて説明します。 Amazon ECSを大規模な本番規模で使用して、開発者のワークフローを簡素化し、開発者が心配する必要があるのはコードをどこにプッシュするかだけにする方法をご覧ください。 最後に、ALB、クラスタースケーリング、アプリケーションスケーリング、堅牢なヘルスチェックを組み合わせてシンプルで安全なデプロイを可能にするAmazonECSの上位の抽象化レイヤーについて簡単に説明します。

Which episode? Using AI to streamline media content operations

セッション情報

大規模な画像およびビデオコンテンツのレビュー、検索、および分析は、メディアおよびエンターテインメントの組織にとって依然として最大の課題です。 このセッションでは、運用およびコンプライアンスメディアタスクの合理化による視聴者エクスペリエンスの向上から、コンテンツのより効果的な収益化およびコンテンツアーカイブの最適化まで、これらの組織が直面する最も一般的な問題について詳しく説明します。 企業がAmazonRekognitionとAmazonRekognitionカスタムラベルを使用して、詳細なコンテンツ検索、スポンサーシップ分析によるコンテンツの収益化、ブランドの安全性チェック、自動広告挿入などの機能を構築して、コンテンツアーカイブをさらに活用する方法を学びます。

Accelerating next-generation direct-to-consumer experiences

セッション情報

視聴者を魅了するために、メディア企業は変化に直面しても機敏であり続け、独自のコンテンツライブラリとテクノロジー資産を活用する革新的なエクスペリエンスを提供する必要があります。 このセッションでは、NBCUniversalがAWSとどのように連携して、成功したPeacockストリーミングサービスの開始を設計、実装、運用、加速するかを学びます。

FOX: Uncompressed live sports in the cloud

セッション情報

FOXとAWSは、ライブテレビを作成し、クラウドで配信する方法を革新し続けています。 AWSとの戦略的コラボレーション契約から1年が経ち、FOXは、AWS Media Servicesを使用して、適応性があり、弾力性があり、効率的なワークフローを作成する方法について詳しく説明します。 FOXは、テレビ技術業界を前進させるパイオニアとして学んだ教訓を共有し、FOXが次に取り組んでいることについての洞察を提供します。

まとめ

第1週ならびに第2週に引き続き、第3週目と年明け2021/01のMedia & Entertainmentなセッション情報を公式ブログとVirtual Attendee Guideの情報を元にまとめてみました。第3週目のセッションが少ないのはちょっと残念ですが、その間に第1週目、第2週目のセッションを振り返っておきつつ、Media & Entertainmentなセッション満載の年明け2021/01/12-14の延長ロスタイム期間?のVirtualなre:Inventも存分に楽しみましょう!