「Amazon Connect アップデート紹介 ~ Amazon Q を添えて ~」というタイトルでre:Growth 2023 OSAKAに登壇しました #AWSreInvent #cmregrowth

「Amazon Connect アップデート紹介 ~ Amazon Q を添えて ~」というタイトルでre:Growth 2023 OSAKAに登壇しました #AWSreInvent #cmregrowth

Clock Icon2023.12.12 00:50

はじめに

2023/12/11 に開催された AWSreInvent ふりかえり勉強会 CM re:Growth 2023 OSAKA にて「Amazon Connect アップデート紹介 ~ Amazon Q を添えて ~」 というタイトルで登壇しました。

スライドと発表内容をブログで共有します。

スライド

発表内容

re:Invent 2023 期間中のAmazon Connect アップデート

re:Invent 2023 の期間中(一部開催期間の前後含む)、Amazon Connect に関連するアップデートは15件ありました。
re:Invent 2023 期間中の全体のアップデート件数が200件程度と言われていますので、ざっと1割弱程度を占めているといった割合になります。
現在、AWSには大体240を超える種類のサービスがありますので、全体のサービスの数から見た時の「1割弱」というアップデートの件数は、なんとなく注目度が高まっているサービスになってきてるのかな(!?)と思える数字のように感じてたりします。

以下が、re:Invent 2023 期間中のAmazon Connect アップデート15件の公式ページへのリンクです。

個人的に気になるAmazon Connect アップデート

発表の中では、個人的に気になるアップデートを6件ピックアップしてご紹介させていただきました。

ピックアップした6件のアップデート情報の弊社記事です。

チャットで対応するコンタクトセンターのエージェントにクイックレスポンスを提供開始

Amazon Connect でアプリ内通話、ウェブ通話、ビデオ通話が可能になりました

Amazon Connect Contact Lens が、チャットのリアルタイム会話分析の提供を開始

Amazon Connect、生成系 AI を活用した顧客データのマッピングを発表

Amazon Connect Contact Lens が生成系 AI を利用した問い合わせ要約機能の提供を開始

Amazon Q in Connect で生成系 AI を活用したリアルタイムのエージェント支援の提供を開始

プレビュー機能も含むので注意喚起

紹介したアップデートは東京リージョン未対応の機能や日本語対応してない機能、プレビュー機能も含んでいるため、念のため注意喚起をさせていただきました。

まとめ

ウェブ通話などの画期的なアップデートがある中、やはり生成AIを絡めたアップデートが多く、これからもAmazon Connect の進化に期待!!!という締めくくりで発表を終えました。

この記事をシェアする

facebook logohatena logotwitter logo

© Classmethod, Inc. All rights reserved.