AWS Console for Androidを使ってみた

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS Console for Androidとは

先日お客様から「AndroidでEC2インスタンスの状態を確認したり、Stop/Startしたい」とのお問い合わせがあり、その際に初めて「AWS Console for Android」というものがあり、実際にAndroid端末にインストールして試してみました。

AWS Console for Androidのインストール

まずはアプリケーションをインストールします。Google PlayでAWSで検索すると「AWS Console」がヒットしますので、これをインストールします。

AWS Console for Androidへのログイン

アプリケーションを起動するとマスターアカウントでのログイン画面が表示されます。

aws_console4android_01

IAMアカウントでログインする際は、Account Aliasを利用してIAM専用画面からログインします。MFAをアクティベートしている場合はiPhoneなどを手元に用意し、Google Authenticatorや物理ドングルに表示されるパスコードも入力します。

aws_console4android_02

ダッシュボード

 

AWS Console for Androidにログインするとダッシュボード(Dashboard)が表示されます。EC2インスタンスの状態や、CloudWatchのアラーム、AWSのサービス状況を確認することができます。

aws_console4android_03

EC2インスタンス一覧

次にEC2インスタンス一覧を見てみましょう。下記では2台のEC2インスタンスが登録されていて、それぞれがStopped状態にあることがわかります。

aws_console4android_04

EC2インスタンス詳細

 

EC2インスタンスの詳細を見てみましょう。EC2インスタンスの起動状態のほか、パブリックDNS、起動しているAZなどを確認することこができます。また、RebootボタンやStartボタン、Stopボタンがあるので、EC2インスタンスのStop、Start、Rebootがこの画面から行うことができます。

aws_console4android_05

メニュー

Android端末の設定ボタンをタッチすることにより、メニュー画面が表示されます。これまでに紹介した画面への移動の他、リージョンの変更等を行うことができます。

aws_console4android_06

利用用途

AWS Console for Androidは、EC2インスタンスの24/365の監視を行なっていて、Zabbixや監視センターから電話やメールが飛んでくる立場にいて、外出する事が多く、かつノートPCのバッテリーがよく無くなり、それでいて、システム障害発生時に実際に緊急でサーバーをStop/Startしないといけないような立場にいる方におすすめのアプリケーションです!

AWS Console for Androidは、いつでもどこでもお風呂に入っていてもEC2インスタンスの面倒を見ることができる便利なアプリケーションというわけです。