#cmdevio2016 (レポート: B-4) あなたの知っている SAP は少し古いかもしれません 〜 IoT やクラウドファウンドリーに力をいれる SAP の今〜

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

Developers.IO 2016 セッションB-4のあなたの知っている SAP は少し古いかもしれません 〜 IoT やクラウドファウンドリーに力をいれる SAP の今〜」のレポートをお届けます。

スピーカーはSAPジャパン株式会社の松舘 学さんです。松舘 学には昨年のDevelopers.IO 2015に引き続き2年連続でご登壇いただきました!


セッションの概要

「Design Thinking」をキーワードに、SAP HANA Cloud Platformで提供される以下のツールやサービスについてご紹介いただきました。

  • プロトタイピングのためのツール(BUILD)
  • IoT向けのサービス
  • データ & ストレージ(Hadoop)
  • Dev & Ops(CLOUD FOUNDRY)

IMG_8797

SAP社のイノベーション創出のアプローチ

  • Design Thinking + UXaaS
  • 製品開発、商談の場でもDesign Thinkingのアプローチを取っている。
  • Design Thinkingとは、
    • イノベーションを起こすためのフレームワーク。
    • 特別は才能がなくても特定にプロセスに則ればイノベーションを起こせる。
    • プロセス:Discover - Design - Deliverのイテレーションを回す。

IMG_8796

プロトタイピングツール - BUILD

  • 近年SPAではUIデザインを大切にしている。(ERPのUI(SAPGUI)は使いにくいともっぱらの。。)
  • BUILDとは
    • 紙芝居形式のプロトタイプツール
    • 手書きのデザインをアプリ化できる(スキャンして、画面遷移などを設定する)
    • 手書きの画面 → BUILDの中の部品を使って画面をデザイン
    • デフォルトで様々な関数も用意されている。これらを使ってデモアプリが作れる。
    • デザイナーとプログラマーと間のコミュニケーションの問題。これを解決する。
    • アプリはクラウド上にパブリッシュしてエンドユーザーにテストしてもらうことが可能。
    • 裏側ではボタン操作などの時間も計測している。ユーザーがそうさに迷っていないか、などがわかる。
  • BUILDはSplash(UIデザインのノウハウ集(ギャラリー、ツール、学習、コミュニティ))のサービスとして利用できる。

SplashApp

  • 手書きのデザインを取り込み

IMG_8802

  • BUILDの部品を使ってアプリ化

IMG_8804

IoT - SAP HANA Cloud Platform for the IoT

  • IoTテクノロジーレイヤ
    • エッジ端末- ソフトウェア
    • デバイス接続
    • データ & クラウドプラットフォーム
    • アプリケーションプラトフォーム
    • アプリケーションとアナリティクス
  • センターから送られていきた色々なデータをSAP HANA Cloud Platformに連携。
  • センサーからのデータはSORACOM + AWSなどで受けて、SAP HANAに連携する。
  • SAP HANAはHadoopと連携。データをHadoopにオフロードする。(SAP HANAはインメモリDBの為、データを貯めておくのはコストがかかる)
  • Hadoopから機械学習エンジンなどの連携。
  • 事例1:マクラーレン
    • F1のマシンの中に150〜180ぐらいのセンサーが入っている。レース中のデータをHANA Platformに飛ばす
    • 統計情報などから、ピットインのタイミングなどを計算
  • 事例2:バーバリー
    • 入店時にibeaconで顧客情報を取得、iPadで接客。購買履歴から顧客ごとに書品をレコメンド。
  • ファッションショーの直後に商品が買える。
  • 基幹システムと連携も強み。
  • デバイスの故障をIoTで検知、在庫情報をERPと連携など。

IMG_8810

IMG_8811

SAP HANA Cloud Platform & Hadoop

  • SAP HANA Cloud PlatformとSparkが連携出来る。
  • Scala、pytho、R、JavaなどでHANAにアクセス可能。

IMG_8814

SAP HANA Cloud Platform - アプリケーションサービス

  • CLOUD FOUNDRY
  • node.js、Java、C++で開発できる。Rubyも対応予定。

IMG_8816

感想

元SAPベーシスコンサルタントの私が知っているSAPは、かなり古いものでした!反省します。SAP HANA Cloud Platform上で提供される様々なサービス群は、SAPといえばERP」のイメージとはかけ離れた、非常にモダンなサービスである印象を受けました。

SAP HANA Cloud Platformは無料で使えるものもあるので(SAP HCP Developer Edition)、後日実際に触って試してみたいと思います!

IMG_8813