re:Invent 2018のAlexa関連セッションをAmazon Translateでのぞいてみる。 #aws #reinvent #alexa

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

猛暑の候, 夏空がまぶしく感じられるころとなりました。お元気でいらっしゃいますか、せーのです。
今年もAWS最大のお祭り、re:Invent 2018の準備が着々と進んでまいりました。
クラメソチームは一体何名がラスベガスに乗り込むことになるのか、今年は誰がパスポートを落とし、誰がスカジャンを剥ぎ取られるのか。興味はつきないところですが、Alexaのエバンジェリストとしては今年のAlexaセッションも3番目くらいに気になるところです。

ということで、2018/07/26現在で発表されているre:Invent 2018のAlexa系セッションをご紹介致します。今年はまだ未発表のセッション含めてなんと40本以上のセッションが用意されているとか。寝られるんだろうか。。。

去年はgoogle翻訳にガンガンかけていったわけですが、先日Amazon Translateが日本語に対応したので、今年はとりあえずTranslateに突っ込んで、細かい部分を修正していきたいと思います。

セッション一覧

ALX301 - 機械学習を使用してAlexaスキル言語モデルを訓練する方法

魅力的なAlexaスキルを作るには、よく考えた言語モデルを音声のインターフェースとして用意しなければいけません。 このセッションでは、言語モデルを最適化し、カスタムインテントのデータにとって正しい学習方法を提供し、新規および既存の言語モデルを改善する具体的な方法を使うことで、スキルをより輝かせる方法を学びます。 インタラクティブな会話の準備をしましょう。

ALX302 - Alexa Skillでお金を稼ぐ

収益化されたAlexaのスキルをゼロから作成することで、このセッションのデベロッパーは、独自の音声体験で特別なデジタルコンテンツを公開するために、Alexaのスキル内課金API、Amazon Pay、および開発者レポートツールの活用方法を学びます。
スキル内課金によって、顧客や開発者がサブスクリプション形式、ワンタイム認証、または消耗型による支払いを柔軟に行う方法をご確認ください。 Deep Diveとして、Alexaのスキルでお金を稼ぐために知っておく必要があるすべてをこのセッションに記します。

ALX303 - ワークショップ:Raspberry Pi&AVS Device SDKでAlexa音声サービスデバイスを構築する

このハンズオンワークショップでは、Amazonのインテリジェントな音声認識および自然言語理解サービスであるAlexa Voice Service(AVS)を使用して音声対応デバイスを構築する方法を学びます。 このセッションの受講後は、接続されたデバイスにハンズフリー音声サービスをもたらすプロセス、AVS Device SDKを使用して堅牢なC++クライアントを構築する方法、およびAVSデバイスのテスト方法について理解できるかと思います。 このセッションを通して、Raspberry Pi上のAlexa対応デバイスの動作プロトタイプが完成します。さあ、PCを持ってきましょう。そしてコーディングしようじゃないですか。

ALX304 - Alexaスキルのレスポンスを調整して、本当に個人的な経験を提供する

ユーザーに真に個人的なレスポンスを提供することは、Alexaの最も魅力的な機能の1つです。 このセッションでは、各ユーザーに合わせたレスポンスを作成するためのさまざまなアプローチとベストプラクティスを学びます。 学習した内容を適用することで、自分の音声体験にフィードバックさせることができます。

ALX305 - Alexaの会話UIにおける3つの柱

魅力的な会話には、メモリー(ユーザーの言ったことを思い出す)、効率的なデータ収集(非ロボット的な方法で情報を収集する)、自然な方法で人々に話させる(エラーを処理し、コンテキスト切り替えを許可する)の3つの柱があります。 このセッションでは、これら3つの柱を使用して、概念から実装に至るまで、魅力的な会話型音声体験を作成する方法を学びます。

ALX306 - あなたがAlexaを使用した音声の開発について知りたがっているすべてのこと

このチョークトークでは、開発者がAlexaのための音声体験を構築する際に発生する、よくあるチャレンジをレビューします。 私たちは、スクリーンの開発で長年にわたって学んだことを強調し、技術におけるデザインの歴史の概要を提供します。 また、GUIの設計原則とは対照的なAlexa Skills Kitを使用して、Voice First設計のベストプラクティスを確立します。 スキル開発者の間で意見交換をすることができます。 このセッションの終わりまでに、音声のための開発とスクリーン指向の媒体のための開発との類似点と相違点を理解することを期待します。

ALX401 -Alexaを使ってデジタルコンテンツを買う: スキル内課金のワークショップ

このハンズオンワークショップでは、スキル内課金をAlexaのスキルに統合し、コードを記述し、AWS Lambdaにデプロイし、Alexa SDKを使用してAmazon DynamoDBに状態を保存し、最後に、ユーザーの声で製品を購入できるようにします。 このワークショップは終了後、自分用にカスタムできるようにスキルを使えます。 あなたのパソコンを持ってきてください。

ALX402 - フィールド研修: Alexaのスキルで収益を生み出すためのベストプラクティス

このセッションでは、Alexaスキルにスキル内課金を追加します。 これにより、Alexaで収益を得るためのベストプラクティスを実装する方法を学ぶ機会が得られます。 カスタマーエクスペリエンスのユースケースと、お客様のAlexaスキルにスキル内購入を追加するための高度なユーザーインタラクション技術をカバーしています。

ALX403 - ゲームでの方法を理解して、Alexaスキルをより引き上げる

ゲームはハイテクを駆使しており、我々は多くの使用事例から学習することができます。 このセッションでは、Alexaクイズゲーム、インタラクティブフィクション、およびコンパニオンゲームがどのように機能するかを見ていきます。 ダイアログ管理とエンティティ解決(Alexa NLU)、セッション持続性(Amazon DynamoDB)、本番価値(SSML、Amazon S3)、状態処理、マルチモーダル表示、インターセプタ(ASK SDK)、クロスデバイス相互作用(ガジェット、PCゲーム用のAWS IoT)など、魅力的なエクスペリエンスを構築する方法について説明します。

ALX404 - Alexaのスキルを持つ課金APIの3つの重要な側面について深く掘り下げる

このセッションでは、Alexaスキル内課金のデータフロー図とユーザーフロー図について説明し、フローのすべての段階で実装とデバッグを行う方法を説明します。 スキル内課金を設計し、実装する方法の深い理解をすることで、あなたのユーザーにデジタル商品を販売できるようになります。

AMT301 - Alexa, 車はどこ? 乗り物のソリューションとAWSを連携させるテストドライブ

自動車産業のメーカーからモビリティプロバイダへの変革は、自動車を外部の世界にシームレスかつ安全に接続することを中心としています。 このセッションでは、接続型車両のさまざまなユースケースにAWSをどのように使用しているかについて説明します。 このセッションでは、独自のプロトタイプを構築するために、ソースコード、アーキテクチャ図、およびAWS接続車両リファレンスアーキテクチャを使用する方法について学びます。 また、企業がAlexa、AWS IoT、AWS Greengrass、AWS Lambda、Amazon Kinesisデータ分析などのAmazonサービスを活用して、革新的なモビリティサービスを迅速に開発およびデプロイする方法についても説明します。 IoTデバイスシミュレータ、スケーラブルでシミュレートされた車両、負荷生成ツール、さらには、AWS IoTデバイスSDKとAWS Greengrassを含むAGL用の統合ビルドツール、車載グレードLinux向けAWS IoTフレームワーク(AGL)など、新しい拡張機能をアーキテクチャで使用する方法について説明します。

BAP203 - Alexa for Businessをデプロイするカスタマーから学ぶ

Alexaはスマートホーム分野を一新し、職場でのテクノロジーやアプリとの連携方法を一新させています。 Alexa for Businessは、Alexaのデバイス、ユーザー、スキルの管理を支援するサービスです。また、職場での音声対応にも役立ちます。 このセッションに参加して、AWSのリーダーやお客様から、組織でAlexaをデプロイするためのユースケースとベストプラクティスについてお聞かせください。

BAP303 - 次世代ミーティングルームの構築: Alexa for Business ベストプラクティス

Alexa for Businessは音声UIを提供しており、会議室を簡単にします。 このセッションでは、エンドツーエンドのセットアップについて説明し、Alexa for Businessを会議室に導入し、既存の会議室システムと統合する方法を紹介します。 Alexa for Businessを何百もの会議室に導入するためのベストプラクティスを提供し、お客様が採用とエンゲージメントを促進できるように顧客の学習を共有します。

BAP304 - Amazonはどうやって Alexa for Businessをデプロイしているのか

Amazon全体の5,000の会議室にAlexa for Businessをデプロイしたチームに耳を傾けてください。 それを試して展開した様子を聞いてください。 チームは経験を順を追って説明し、学習した教訓について話し合い、この取り組みによって得られたベストプラクティスを共有します。

ENT301 - AWSサポートツールを使用した運用の健全化と自動化のベストプラクティス

クラウドコンピューティングのペースによって、スキルや知識にギャップが生じることがあります。環境の最適化を希望する企業にとって、このことは困難です。 AWSサポートは、AWSのお客様が環境をモニタリングし、ベストプラクティスへのコンプライアンスを保証するアクションを自動化するためのツールを提供しています。 この講習では、コストエフェクティブになる方法、 また、EBSボリュームに関連する基盤となるハードウェアに障害が発生し、そのボリュームに関連付けられているデータが回復できない場合に、EC2インスタンスの復旧を自動化する方法についても説明します。 最後に、AWS Elasticsearchサービスからインデックス情報を読み取るAlexaスキルを作成する方法について説明します。 ご自分のPCをお持込みください。

GAM302 - Activision Blizzard: Call of DutyのプレーヤーをAlexaとAWSを使って優位にする

Activision Blizzardは、Call of Duty WWIIのプレイヤーにリアルタイムで、没入型のセカンドスクリーンAlexa体験を提供します。 このセッションでは、Activision BlizzardがAWSのサービスを活用してCall of Duty Alexaのスキルを強化し、1:1のパーソナライズされたインタラクティブな回答とコーチングを行う方法について説明します。 参加者は、AWS Lambda、Amazon CloudFront、Amazon S3、Amazon Polly、およびAlexaのスキルと管理を使用して、ユーザーリクエストに対してAI生成のカスタマイズされたレスポンスを大規模に配信する方法について理解し、Call of Duty Alexaユーザーに競争力と楽しい優位性をもたらします。

IOT302 - AlexaとAWS IoT

音声は、私たちの周りの世界だけでなく、ライト、サーモスタット、テレビなどの接続されたホームデバイスなどの物理的な資産や物体と対話するための自然なインターフェイスです。 この会話では、AWS IoTプラットフォームとAlexa Skills Kitを使用して、自宅のデバイスをどのように連携してコントロールするかについて説明します。 また、AWS IoTとAlexaを使用して、何十万もの顧客に音声制御によるテレビ体験を提供する方法について、お客様から伺いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スキル内課金など、Alexaを使った収益化に対するセッションが随分増えました。またやAlexa for Businessもいくつか見られるところから、やはりビジネス用途にAlexaを使いたい、という機運が高まっているようですね。他にもゲームやIoT、車の制御まで、見逃せないセッションが盛りだくさんですね!

re:Invent 2018は2018年11月26日から開催です。続報が出次第、またお伝えします!