【イベント連絡事項まとめ】Developers.IO 2019 TOKYO の歩きかた #cmdevio

85件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

現在、日本各地で弊社主催のカンファレンスイベント『Developers.IO 2019』。

その中でも最大規模となる東京会場でのイベント『Developers.IO 2019 TOKYO』も、2019年11月1日に開催となりますが、いよいよ日付的にも間近に控えた形となってまいりました。

そこで当エントリでは、『Developers.IO 2019 TOKYO』を存分に楽しんで頂くべく、イベントにまつわる諸注意事項やお得なお知らせなどを予めまとめておく形で、『旅のしおり』ならぬ『イベントのしおり』なスタイルでお届けしたいと思います。

目次

 

満席セッション続出!!

皆様にご参加登録を頂き、お陰様で全60個以上あるセッションで参加定員に達する『満席セッション』が続出致しました!ありがとうございます!総参加者数も1000名を超え、今もなお増え続けております。

 

人気セッションを『再演』として追加しました!

早々に定員をオーバーしたセッションに関しては最終トラック(18:30〜20:00)にて『再演』が決定したものもあります。懇親会の時間ということもありましていずれも『ビアバッシュ』付きでの発表となっています。気になっていたけど見逃した!という方、いらっしゃいましたら是非この時間に『再演セッション』をお見逃し無く!

※再演対象は以下7セッションです。

AWS 運用 設計

障害に備えたアーキテクチャを考える「あのとき何が起こった!?」

AWS事業本部 ソリューションアーキテクト 坂巻一義
AWS事業本部 ソリューションアーキテクト 吉井亮

障害に備えたアーキテクチャ設計を AWS Well-Architected をベースに解説します。どこまで障害を想定してどこまで準備しておくか、ベストプラクティスに沿って考えます。2019年 東京リージョンで発生した障害のようなケースでは何を行えば良いか実例を交えてお伝えします。
AWS セキュリティ 一般向け 中級向け

AWSでのセキュリティ対策全部盛り

AWS事業本部 ソリューションアーキテクト 臼田佳祐

AWS上のセキュリティ対策が不安なそこのあなた!このセッションではAWSのセキュリティ対策を全部盛りで紹介します。対策に漏れがないかご確認ください!

AWSサービスのセキュアな構築方法から始まり、AWSの提供しているセキュリティサービスも踏まえつつ、サードパーティ製品とどのように使い分けるかも紹介します。 対象者は現場のサービス担当者・セキュリティ担当者からもう少し上層のセキュリティ管理者・ガバナンスを扱うようなCISOまで幅広く対象とします。

AWS サーバーレス 一般向け

サーバーレスの基本とCI/CD構築 & 運用 〜システムは動いてからが本番だ〜

CX事業本部 サーバーレスエンジニア 藤井元貴

「CI/CDに興味はあるけど、どうすれば良いかワカラナイ」そんなあなたにお届けします。LambdaやAPI Gateway、DynamoDBなどを用いたサーバーレスアーキテクチャのシステム開発において、どのようなCI/CDを構築し運用しているのか、実際のプロジェクトを参考にしつつお話します。また、LambdaなどのAWSサービスのエラー監視と通知についてもお話します。
AWS 開発効率 中級向け

AWSのすべてをコードで管理する方法〜その理想と現実〜

AWS事業本部 シニアソリューションアーキテクト 濱田孝治(@hamako9999)

AWSの最大の特徴の一つ、「コードによるインフラの運用管理」

アプリケーションやインフラ運用のさらなる効率化を目指す時、IaC(Infrastructure as Code)の導入は必須と言えます。その効果は絶大ですが、下手に導入してしまうと逆に運用管理自体の硬直化を招き「最初は楽しかったのに、今はなんでこんな辛いんだろう…」という気持ちになってしまいます。 このセッションでは、CloudFormationやTerraform、CDKなどのIaCの手段について触れつつ、各運用現場に即したIaCを導入するために考えるべきことについて、お話します。

AI 機械学習 一般向け

「今」のAI技術と「3年後」のAI技術のご紹介

CX事業本部 AIスペシャリストせーの

清野剛史

AI、機械学習は現代のエンジニアリングにおけるキラーワードになりつつあります。ですが実際にその業界にいない人たちにとっては日進月歩のこの世界で今現在、どんなことができるのか、をキャッチアップしていくのは大変です。このセッションでは今年6月にラスベガスにて開催されたAIに関する大規模カンファレンス「re:Mars」の情報を中心に、クラスメソッドでも取り組んでいる「現在使える」AI技術と、数年後に実用化されるべく、世界で研究中の最新AI技術を具体的な技術や実例と共にご紹介いたします。
認証 設計 アプリケーション 中級向け

認証の標準的な方法は分かった。では認可はどう管理するんだい?

事業開発部 シニアシステムアーキテクト 都元ダイスケ

Web やモバイルで動作するほとんどのアプリケーションには認証機能があります。認証機能はユーザーのアイデンティティを確実に特定するものです。その上で、そのユーザーが持つ権限管理などの仕組みを利用してユーザーの情報を守るアクセス制御を行います。この世界における認証は、Web ではセッションを使ったログイン状態管理を行い、モバイルアプリでは OpenID Connect 等が発行するトークンを活用した実装手法がデファクトスタンダードとなっています。これらは標準仕様として Web 上に情報公開がなされているため、その正しい知識を身につけて従っておけば概ね問題がないと言えるでしょう。しかし認可の管理、つまり権限をコントロールして「ある操作・リクエスト」を適切な状況で許可または拒否するための仕組みについては事実上標準が存在しません。目立った標準化団体もありませんし、ましてや RFC に標準的な制御方法が書いてあることもありません。恐らくアクセス制御というのは、認証と違ってアプリケーション固有の要件に近いため、無理に標準化するのは適切ではないのでしょう。結果的に、実際にアクセス制御の仕組みは自分たちで決めて作るしかありません。言ってしまえば「要件次第」という4文字で終わってしまうのですが、本セッションでは仕様例をいくつかご紹介しながらこのアクセス制御の考え方を紐解いていきたいと思っています。
AWS ネットワーク 一般向け

ハイブリッド/マルチVPC環境を構成するためのAWSネットワーク完全理解

AWS事業本部 シニアソリューションアーキテクト 菊池修治

AWS上で複数のサービスを展開していく上で、複数のVPC、AWSアカウント、あるいはオンプレミスなどの外部と連携が必要不可欠となります。AWSでは多数のネットワーク/ゲートウェイサービスにより、さまざまな環境間の接続要件に対応することが可能になっています。本セッションでは、ハマりどころを回避し適切なハイブリッド/マルチVPC環境を設計・構築するために欠かせない、AWSの提供するネットワーク機能の詳細を解説します。

再演セッション、気になるものがある...!となった方はこちらから是非申込みをお願いします!!

東京会場 お申し込みはこちら

 

会場までのアクセス

開催会場はベルサール東京日本橋東京メトロ・東京都交通局『日本橋駅』B6番出口直結という素晴らしく交通の便が良い場所にあります。

開催会場公式のアクセス情報を以下に展開しておりますので是非ご参考にしてください。

 

会場へのお越しは余裕を持って、お早めに。

当日は会場内、多くの人が集まる形となるため、混雑することも予想されます。お目当てのセッションを見逃さないようにするために、会場へは余裕を持ってお早めにお越し頂けますと幸いです。

 

当日のタイムテーブル情報

最新のタイムテーブル情報は下記イベント登録サイトに反映しておりますので、改めてご確認を宜しくお願い致します。

 

会場への入場方法/再入場について

会場への入場手続きは、上記イベント登録サイトを介して行います(受付で、イベントレジストのQRコードをスキャンします)。

サイトへのログインを済ませた状態で『マイチケット』メニューから『Developers.IO 2019 Tokyo』を選択し、『PDFチケットを表示』ボタンを押下して表示されるQRコードをご提示、または予めその画面を印刷したものをご用意ください。

イベントの再入場に関しては、上記登録手続きの際にお渡しした入場証をお見せ頂く形で問題ありません。

 

会場フロアマップ

イベント当日の「フロアマップ」は以下の画像をご参照ください。

現在、イベントサイトから辿れる「PDFチケット」にルーム名称が表示されるようになっています。当日、PDFチケットを再表示頂くことで、「該当セッション」と「そのセッションの部屋番号」が分かるようになりますので、下記マップ画像と合わせてご確認頂けますと幸いです。

会場4F

会場5F

 

商談スペース、あります。

セッションを聴講頂き、早速『お仕事のお話を...』と興味を持たれた方のために、イベント会場に『商談スペース』を用意しております。セールス一同、お待ちしておりますので是非お越しください!

 

部署ブース、あります。

また、それぞれのお話をお聞き頂いた上で『クラスメソッドで働く事に興味が出てきた』という方のために、各部署毎のブースも別途用意しております。(展示会場内に併設する予定です) 実際の仕事、どんな感じでやっているのか気になる!という方は是非こちらのブースにもお立ち寄りください。

 

コワーキングスペースもあります。

当日はセッションを聞きに来たのだけれど、ちょっと仕事の予定も入ってるんだよね...という方のために、『コワーキングスペース』も用意致しました。電源も準備した数十名規模のスペースです。こちらも是非ご活用ください。

 

会場当日のWI-Fi状況について

基本的にWi-Fiは用意しておりません。必要な方はご自身で手配していただくようお願いします。(なおハンズオンのセッションのみ、人数分の電源とWi-Fiを揃えております。)

 

写真撮影

基本的にはどのセッションも撮影OKです。(※シャッター音を出しての撮影は周りの方々の迷惑となりますので、くれぐれもお止めください。)

また、場合によってはNGなケースもあるかもしれません。その場合はセッションのはじめに登壇者・スタッフより周知がありますのでその内容に従ってください。

また、イベント期間中はスタッフが会場風景を撮影する可能性があります。ご了承ください。

 

イベントレポートについて

クラスメソッド社員の登壇に関しては、基本的に登壇者自らがレポートを公開する予定です。

また、スポンサーセッションに関しても、極力クラスメソッド社員による『参加レポート』として執筆・公開する予定です。

勿論、参加者の皆さんによる『参加レポート』についても、執筆・公開頂けますと登壇者・スタッフ一同とても嬉しいですし励みにもなります。是非書いてください!

 

ツイートについて

今回のイベントハッシュタグは『#cmdevio』です。当日はTogetter等でまとめたりすると思いますので、ガンガンつぶやいて頂けますと嬉しいです。

 

お困りの際は...

その他、なにかお困りの事がありましたらイベント受付、または下記のTシャツを着ているもの(クラスメソッドイベントスタッフまたは登壇者)に気軽にお声掛け頂ければと思います。

 

まとめ

というわけで、2019年11月1日開催の『Developers.IO 2019 TOKYO』、開催を控えてのポイントおさらい的なまとめのご紹介でした。イベント参加申込みを既に済ませている方、イベントでお会い出来るのを楽しみにしております!イベント参加申込みがまだの方、下記イベントサイトから参加登録の上、イベントでお会い出来るのを楽しみにしております!

東京会場 お申し込みはこちら