クラスメソッド社員が企画・参加予定の『2021年アドベントカレンダー』のお知らせ

2021.11.29

気が付けば2021年も残すところあと1ヶ月。

今年も開催直前のこのタイミングで恒例となったこちらの企画=クラスメソッド社員が企画・参画予定の『アドベントカレンダー』についてエントリー情報をご紹介していきたいと思います。過去のエントリについては下記をご参照ください。

目次

 

クラスメソッド社員で繋ぐ2021年のアドベントカレンダー

アドベントカレンダーの日程として定められている計25日の担当分を、全てクラスメソッド社員で埋めた企画です。

 

クラスメソッド Zendesk入門 Advent Calendar 2021

カスタマーサポートとサービス管理を効率的に行うためのサービス「Zendesk」。弊社内でも様々なサービスや案件でガンガン利用していますが、今年はこのZendeskに関するアドベントカレンダーが立ち上がりました。クラスメソッド社員で25本を走り切る予定です。

 

激熱!1日1製品!最強のデータ系SaaSはどれだ決定戦

こちらは、データアナリティクス事業本部 春田拓海 | Takumiによる「一人アドベントカレンダー」企画。昨今、データ分析周りに関するサービスはその用途や目的に応じて実に様々なものが世の中には存在しています。それらのサービス群の中から、著者本人によるセレクションと検証で1日1製品、紹介していく内容になっています。どんなサービスが出てくるのか楽しみですね。

 

Employee Experience Advent Calendar 2021

2021年11月にジョインした田部井勝彦 | DevelopersIOが、最近話題の「Employee Experience(従業員体験)」に関するアドベントカレンダーを「一人アドベントカレンダー」の形で行います。(※個人ブログでの活動となりますので、エントリ状況は上記Adventarを要チェック!!)

 

Snowflakeをより使いこなそう! Advent Calendar 2021

2019年に一度企画として実践したSnowflakeのアドベントカレンダーですが、2021年の今年、新たに開催する運びとなりました。アライアンス統括部のさがらによる「一人アドベントカレンダー」形式です。Snowflakeを色々検証して記事を書き業務対応や資格勉強をして気になったところ、海外のSnowflakeの検証記事を改めて自分でやってみたり、dbtなど他製品と組み合わせた記事などを執筆予定。ご期待ください!

 

クラスメソッド Google Cloud Advent Calendar 2021

昨年2020年には「BigQuery」の括りでアドベントカレンダーを実施しましたが、今年は範囲を「Google Cloud全般」に広げる形で実施します。こちらは複数エンジニアがGoogle Cloud関連プロダクトに関するエントリを25日間繋げていく予定です。

 

アノテーション株式会社 AWS Technical Support Advent Calendar 2021

現在『AWSテクニカルサポートノート』という特集カテゴリで定期的に情報発信を行っていますが、今回このアドベントカレンダー企画としても同じコンセプトで25日間ブログを繋ぐ形となりました。アノテーション株式会社のメンバーが一丸となって完走を目指します。

 

Coc.nvimを触ってみよう Advent Calendar 2021

AWS事業本部サービスグループhaoyayoiによる一人アドベントカレンダー企画です。NeoVimで非同期に処理を行うための『coc.nvm』について、1記事で1つの拡張を触って試してみるという形で進めていく予定です。

 

DevelopersIO 著者のみんなに色々聞いてみた Advent Calendar 2021

2011年のDevelopersIO開設以来、記事数と合わせて著者数もかなりのペースで増えてきました。そこで、10周年を迎えたこのタイミングで、著者の皆さんにブログについて色々聞いてみよう!と思い立ちアンケートを敢行、DevelopersIOの著者の皆さんがどういう風に考えながらブログを書いているのか、ブログの活動に取り組んでいるのかをまとめることにしました。カレンダーの前半ではアンケートの集計結果を共有し、後半(終盤)ではアンケート回答からリクエストの挙がったインタビュー企画をお届けしようと思っています。

こちらの企画は私(しんや)が担当します。昨年2020年に引き続き通算5回目(2014年,2016年,2018年,2020年,そして今年2021年)の一人アドベントカレンダーです。

 

クラスメソッド社員が個別参加する2021年のアドベントカレンダー

その他、社員が個別に参加しているものに関しては以下のとおりです。(※情報のアップデートは見つけ次第適宜行っていく予定です)

日付・曜日 アドベントカレンダー 参加メンバー
2021/12/01(水) ファシリテーター Advent Calendar 2021 gaoryu
2021/12/02(木) Cloudflare Advent Calendar 2021 しがひ
2021/12/04(土) ふりかえり Advent Calendar 2021 田部井勝彦
2021/12/09(木) Japan APN Ambassador Advent Calendar 2021 臼田佳祐
2021/12/10(金) Mackerel Advent Calendar 2021 渡辺聖剛
2021/12/10(金) ふりかえり Advent Calendar 2021 gaoryu
2021/12/10(金) Azure Advent Calendar 2021 いわさ
2021/12/10(金) Cloudflare Advent Calendar 2021 小西諒
2021/12/11(土) AWS CDK Advent Calendar 2021 佐藤智樹
2021/12/12(日) AWS CDK Advent Calendar 2021 やまたつ
2021/12/13(月) AWS CDK Advent Calendar 2021 坂井裕介
2021/12/17(金) New Relic Advent Calendar 2021 渡辺聖剛
2021/12/17(金) Cloudflare Advent Calendar 2021 yukoyagi
2021/12/18(土) Cloudflare Advent Calendar 2021 irbbb
2021/12/19(日) New Relic Advent Calendar 2021 inomaso
2021/12/20(月) Digital Identity技術勉強会 #iddance 稲葉純
2021/12/22(水) Stripe Advent Calendar 2021 たいがー
2021/12/23(木) Cloudflare Advent Calendar 2021 小西諒
2021/12/24(金) Japan APN Ambassador Advent Calendar 2021 Yui
2021/12/25(土) アクセシビリティ Advent Calendar 2021 motchie
2021/12/25(土) Blazor Advent Calendar 2021 いわさ

 

まとめ

という訳で、2021年における『アドベントカレンダー』の弊社取組み内容に関する内容のご紹介でした。

今年も昨年同様、AWS re:Inventはヴァーチャルで参加可能な形態となっています。今週はがっつりこちらのモードに引っ張られてしまう感じな気がしていますが、アドベントカレンダー企画の方も是非ともウォッチしていって頂ければと思います。