AWS re:Invent 2016 発表された新サービス・新機能を一挙紹介!(トピック・関連エントリまとめ) #reinvent

211件のシェア(すこし話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

AWS re:Invent 2016、現地時間では12/01の13時過ぎたところとなります。計2つのKeynoteにて様々な新機能、新サービスが発表となりましたが、今回も怒涛のNEWリリースラッシュとなった感がありますが、正直トピックが多過ぎて把握し切れておりません。また、当ブログ『Developers.IO』でも今回のイベントに因んだセッションレポート及び技術検証エントリが適宜投稿されており、こちらも数が多すぎて情報を追い切るのも一苦労な感があります(笑)

そこで当エントリではKeynote1本目が公開されたDAY2(現地時間2016/11/30)及びそれ以前の出来事について、弊社ブログエントリを中心に発表された内容やトピックを整理していく事でダイジェストなレポートをお届けしてみたいと思います。

目次

 

出発〜現地ラスベガス時間 2016/11/28 (PRE-DAY)

弊社参加メンバーは昨年同様、ツアーに参加する形で成田空港からロサンゼルス国際空港経由でラスベガスに移動、現地時間の11/28昼にラスベガスに到着しました。

今回の参加者プレゼント(通称『SWAG』)はre:Invent特製パーカーとAmazon echo dot。echo dotに関しては技適の都合上、日本国内での動作検証が現状行えない形となっているため、即開封即検証しているメンバーのエントリも早速上がっていました。

 

現地ラスベガス時間 2016/11/29 (DAY 1)

この日はイベントのメインとなるKeynote及び各種セッションを翌日に控え、Partner SummitやWelcome Reception、そしてNightLiveが開催されテンションを盛り上げる形となっていた模様。

APN Partner Summitでは、弊社クラスメソッドが3年連続でAWSプレミアコンサルティングパートナーに認定AWSサービスデリバリーパートナーに9つのサービスで認定、更にはAWSパブリックセクターパートナーに認定という、何とも嬉しいニュースが立て続けにありました。(パチパチパチ--

また、本開催を前にして『AWS Organizations』という"AWSアカウントをIAMと同じように管理できるようになる"サービスの発表もなされました。

DAY1のラストはJames Hamiltonによる講演が行われていました。

 

現地ラスベガス時間 2016/11/30 (DAY 2)

イベント2日目はAndy JessyによるKeynote。現地参加メンバー及び国内待機(LIVEストリーミング視聴)メンバーの対応が追いつかない程怒涛の勢いでのサービス発表となりました。Developers.IOにおける関連エントリ、公式サイト、その他関連まとめエントリ等を発表内容毎に整理したものが以下となります。

Keynoteのイベント内容詳細については下記のエントリをご参照ください。

 

EC2における新しいインスタンスファミリーの発表

reinvent-topic01_ec2-instance-family

関連エントリ:

 

Elastic GPU for EC2
(EC2にGPUをマウントするサービス)

公式:リリースブログ In the Works – Amazon EC2 Elastic GPUs | AWS Blog
利用可否状況 Preview Available Today

reinvent-topic02_elastic_gpu

関連エントリ:

 

Amazon Lightsail
(VPSを簡単にリリース出来るサービス)

公式:リリースブログ Amazon Lightsail – AWSの力、VPSの簡単さ | Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ Amazon LightSail: Simple Virtual Private Servers on AWS
公式:ドキュメント Lightsail Docs: API, CLI, and tutorials for developers
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent-topic03_lightsail

関連エントリ:

 

Amazon Athena
(S3データに対してクエリアクセス可能なサービス)

公式:リリースブログ Amazon Athena – Amazon S3上のデータに対話的にSQLクエリを
| Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ Amazon Athena — Serverless Interactive Query Service - AWS
公式:ドキュメント What is Amazon Athena? — User Guide
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent-topic04_athena

関連エントリ:

 

Amazon Rekognition
(画像認識・分析サービス)

公式:リリースブログ Amazon Rekognition – 深層学習による画像検出と認識 | Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ Amazon Rekognition – Deep learning-based image analysis
公式:ドキュメント What Is Amazon Rekognition? - Amazon Rekognition
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent-topic05_rekognition

関連エントリ:

 

Amazon Polly
(テキストスピーチサービス)

公式:リリースブログ Amazon Polly – 文章から音声へ、47の声と24の言語 | Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ Amazon Polly – Lifelike Text-to-Speech
公式:ドキュメント What Is Amazon Polly? - Amazon Polly
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent-topic06_polly

関連エントリ:

 

Amazon LEX
(会話認識・自然言語理解)

公式:リリースブログ Amazon Lex – 対話的音声&テキストインターフェースを構築 | Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ Amazon Lex – Build Conversation Bots
公式:ドキュメント
利用可否状況 Preview Available Today(プレビュー版利用可能)

reinvent-topic07_LEX

関連エントリ:

 

PostgreSQL for Aurora(AuroraがMySQLの他にPostgreSQLにも対応)

関連エントリ:

 

AWS Greengrass
(Lambda ComputeをIoTデバイスに組み込むサービス)

公式:リリースブログ AWS Greengrass -ユビキタス, 現実世界におけるコンピューティング-
| Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ AWS Greengrass – Embeded Lambda Compute in Connected Devices
- Amazon Web Services
公式:ドキュメント
利用可否状況 限定プレビュー版申込開始

reinvent-topic08_greengrass

関連エントリ:

 

AWS Snowball Edge(Snowballのハイブリッドバージョンデバイス, Greengrassも搭載)

公式:リリースブログ AWS Snowball Edge –
Petabyte-Scale Data Transport with On-Board Storage and Compute
公式:サービスページ AWS Snowball Edge – Petabyte-Scale Data Transport with On-Board Storage and Compute
公式:ドキュメント What Is the AWS Snowball Edge Appliance? - AWS Snowball
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent-topic09_snowball-edge

関連エントリ:

 

AWS Snowmobile
(100PBコンテナを使ったエクサバイト規模のデータ転送)

公式:リリースブログ AWS Snowmobile – Move Exabytes of Data to the Cloud in Weeks | AWS Blog
公式:サービスページ AWS Snowmobile – Massive Exabyte-Scale Data Transfer Service
公式:ドキュメント

reinvent-topic10_snowmobile

関連エントリ:

 

現地ラスベガス時間 2016/12/01 (DAY 3)

DAY3のKeynoteでも、DAY2以上にエキサイティングなサービスが次々と発表されていました。

Keynoteのイベント内容詳細については下記のエントリをご参照ください。

 

AWS Opsworks for Chef Automate
(AWSでChef Automateサーバーを実行)

公式:リリースブログ
公式:サービスページ AWS OpsWorks for Chef Automate – Managed Chef Server
公式:ドキュメント Welcome - AWS OpsWorks for Chef Automate
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_01

関連エントリ:

 

Amazon EC2 Systems Manager
(新しいEC2やオンプレミスサーバを管理するサービス)

公式:リリースブログ
公式:サービスページ Amazon EC2 Systems Manager - Amazon Web Servivces (AWS)
公式:ドキュメント Amazon EC2 Systems Manager - Amazon Elastic Compute Cloud
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_02

関連エントリ:

 

AWS CodeBuild
(フルマネージドのビルドサービス)

公式:リリースブログ An Introduction to AWS CodeBuild | AWS Partner Network (APN) Blog
公式:サービスページ AWS CodeBuild – Continuous Integration Service
公式:ドキュメント AWS CodeBuild Documentation
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_03

関連エントリ:

 

AWS X-Ray
(アプリケーションモニタリングの新サービス)

公式:リリースブログ AWS X-Ray – 分散アプリケーションの内部を見る
| Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ AWS X-Ray – Distributed Tracing System
公式:ドキュメント AWS X-Ray Documentation (Preview)
利用可否状況 preview

reinvent2016-keynote-day3_05

関連エントリ:

 

Personal Health Dashboard
(自分が使用しているサービスのパフォーマンス、
可用性、メンテナンスの状況などを一覧で確認)

公式:リリースブログ AWS Personal Health Dashboard – 関係するリソースの管理
| Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ
公式:ドキュメント
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_06

関連エントリ:

 

AWS Shield For Everyone/AWS Shield Advanced
(AWSで稼働するELB(ALB,CLB),CloudFront, Route53の
DDoS対策を提供)

公式:リリースブログ AWS Shield – Protect your Applications from DDoS Attacks | AWS Blog
公式:サービスページ AWS Shield – Managed DDoS Protection
公式:ドキュメント
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_07
reinvent2016-keynote-day3_08

関連エントリ:

 

Amazon Pinpoint
(フルマネージドなPush通知サービス)

公式:リリースブログ Amazon Pinpoint – Hit your Targets with AWS | AWS Blog
公式:サービスページ Amazon Pinpoint – Targeted Push Notifications & Mobile Engagement
公式:ドキュメント What Is Amazon Pinpoint? - Amazon Pinpoint
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_09

関連エントリ:

 

AWS Glue
(フルマネージドなデータカタログとETLを実現)

公式:リリースブログ
公式:サービスページ AWS Glue – Fully Managed ETL Service
公式:ドキュメント
利用可否状況 Coming Soon

aws-glue-01

関連エントリ:

 

AWS Batch(フルマネージドのバッチサービス)

公式:リリースブログ AWS Batch – AWSでバッチ処理ジョブを実行する
| Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ AWS Batch — Easy and Efficient Batch Computing Capabilities - AWS
公式:ドキュメント
利用可否状況 Preview Available Today(プレビュー版利用開始)

reinvent2016-keynote-day3_10

関連エントリ:

 

Blox
(Amazon EC2 Container Serviceのための
新しいオープンソーススケジューラ)

公式:リリースブログ Blox – Amazon EC2 Container Serviceのための新しいオープンソーススケジューラ
| Amazon Web Services ブログ
公式:サービスページ Blox - Open Source Tools for Amazon ECS
公式:ドキュメント blox/deploy at dev · blox/blox · GitHub
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_11

関連エントリ:

 

Step Function
(ビジュアライズなワークフローを使用して、分散アプリケーションと
Microservicesのコンポーネントを簡単にコーディネート)

公式:リリースブログ New – AWS Step Functions –
Build Distributed Applications Using Visual Workflows | AWS Blog
公式:サービスページ AWS Step Functions – Coordinate Microservices using Visual Workflows
公式:ドキュメント AWS Step Functions Documentation
利用可否状況 Generally Available Today(一般利用可能)

reinvent2016-keynote-day3_12

関連エントリ:

 

Lambda@Edge
(CloudFrontのエッジロケーションでLambdaを実行)

公式:リリースブログ
公式:サービスページ Lambda@Edge
公式:ドキュメント AWS Lambda@Edge (Preview) - AWS Lambda
利用可否状況 Preview Available Today(プレビュー版利用開始)

lambda-edge

関連エントリ:

まとめ

という訳で、駆け足でリンクなどを紹介してきましたが、駆け足感覚でもものすごいボリュームとなってしまいました。

Keynoteの最後には以下の様にそれぞれの日程で紹介された新サービスが列挙されていましたが、この2日間(のKeynote)で紹介されたものだけでも相当数、広範囲に渡ったサービスが発表された事がわかりますね。

reinvent2016-keynote-day3_14
reinvent2016-keynote-day3_15

参考となるリンク集やエントリについては投稿時点で私が収集出来たものになっていますが、新たに確認出来たものについては適宜追加して行こうと思います。

現在現地メンバーは各種テクニカルセッションに参加中であり、日本国内待機メンバーは利用可能なサービスに関して技術検証を早速始めています。今月はこれら新サービスを含め、AWSに関するエントリをガンガン上げて行く事になるかと思いますので宜しくお願い致します。こちらからは以上です。

  • 乳牛

    >【速報】AWS Batchが発表されました #reinvent | Developers.IO

    のリンクがpreviewのURLになっていますね。

    • しんや

      >乳牛様
      ご指摘ありがとうございます!
      URLを正しい内容に修正致しました。