prismatix(プリズマティクス)事業部のことがよくわかるWebページやブログエントリ、YouTube動画 n選

EC/CRMプラットフォーム「prismatix(プリズマティクス)」の開発・運用を行っているprismatix事業部のことをより知っていただけるWebページ、ブログエントリ、YouTube動画を厳選してお届けします。
2022.04.25

2018年に 【社風・採用・働き方など】クラスメソッドのことが今までの100倍良くわかるエントリ100選 | DevelopersIO というブログエントリがありました。

組織のことを知ってもらうのに良い取り組みだと感じたため、私が所属するprismatix事業部についても作成してみました。なお、新たなWebページ、ブログエントリも継続して追加していこうと思っていますので、あえて明確に数を決めずに「n選」とさせてもらいます!

クラスメソッドについて

クラスメソッド株式会社自体についてのざっくりとした紹介は、YouTube動画がありますのでこちらをご覧ください。

このほか、先頭で紹介したブログエントリや、社長の横田が公開している次のスライドを見ると、さらによく分かるでしょう。

また、会社および所属する個人として大事にしている価値観は「CLP (Classmethod Leader Principle)」として公開されています。

prismatix(プリズマティクス) について

「prismatix(プリズマティクス)」は、クラスメソッド株式会社の 新規事業として立ち上げた、EC/CRMのPaaS(プラットフォーム as a Service)プロダクトです。ECに必要な「カート」「決済」「注文管理」「在庫管理」、CRMに必要な「顧客管理 / 認証」「ポイント / クーポン」などの機能を、それぞれ単独でも利用できる粒度のマイクロサービスとして提供しています。

prismatixのプラットフォームイメージ

それぞれのマイクロサービスでデータとロジックを保持しており、ECサイトなどのフロントアプリからは、RESTful APIを通じて利用いただきます。また、データをエクスポートして会計やDWHなどの周辺サービスと連携することも可能です。

プロダクトのより詳しい特徴は、次のエントリをご覧ください。

このprismatixというプロダクトを軸に、顧客に"wow!"という体験を提供する「エンゲージメントコマース」を目指した事業を展開するため、クラスメソッドの子会社として立ち上げたのが「Prismatix(プリズマティクス)株式会社」 *1です。

prismatixならびにプリズマティクス株式会社立ち上げの経緯や思いなどは、次のエントリをご覧ください。

また、prismatixという名前に込めた思いは、プリズマティクス株式会社社長である濱野の下記のコメントをご覧ください。

顧客の「ブランドに参加する」という体験を、楽しい、キラキラとプリズマのように光らせて欲しい。真剣に顧客の「キラキラした体験」をつくりこむことをしたいと考える事業会社さんを応援したいですし、そのための基盤をテクノロジーから支援したい。「プリズマティクス」という会社の名前に、「プリズム」「テック」というワードを用いることで、その想いを込めました。

この他、「エンゲージメントコマース」が目指す世界がどんなものかについては、プリズマティクス株式会社のオウンドメディア「プリズマジャーナル」の記事を見ると良いでしょう。

プリズマジャーナル | プリズマティクス |

そして、我々「クラスメソッド株式会社 prismatix事業部」 *2では、プリズマティクス株式会社から業務委託を受けて、prismatixの開発・運用に加えてビジネスコンサルティングサービス・導入支援を行っています。

prismatix関連図

prismatix事業部には開発・運用だけでなく、事業運営を行うために必要なほぼ全ての職能が揃っています。詳しくは次のエントリをご覧ください。

2016の立ち上げからこれまで数多くのお客様にご利用いただく中でノウハウも蓄積され、また組織としての基盤も固まりつつあり、今後さらに事業拡大していくフェーズにあります。

採用事例

例えば、スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社様の「モバイルオーダー&ペイ」(通称MOP)のバックエンドとして採用いただいています。

また、株式会社良品計画様のMUJI passportを始めとした「APIベースの顧客体験基盤の構築」の支援をさせていただいています。

その他、株式会社サンリオ様のポイント“スマイル”がたまる新規会員アプリSanrio+(サンリオプラス)はコンサルティング支援からポイント基盤のバックエンドとしての採用までさせていただいています。

上記以外にも、「えっ?あのサービスも?」と思うような「みんな知ってる」サービスのバックエンドとして、多くの採用事例があります。それぞれの採用事例は、下記のページからご覧ください。

チームの雰囲気

我々のチームでは、職能ごとのチームの垣根を超えて、共に助け合い協力して問題に取り組み、改善を行っています。チームとしてどのように働いているかについては、下記のWebページやブログエントリをご覧いただければ、その一端がわかると思います。

働き方

開発や運用だけでない職能を持ったメンバーがいますので、その働き方も多様です。その一部がわかる下記エントリをご覧ください。

勉強会

チーム内外でスキルアップのための勉強会を開催することもあります。その様子は下記エントリから御覧ください。

技術について

EC/CRMに特化したプラットフォームを構築し、安定して運用するためには、ITに限らない多くの技術が必要です。いくつかの種類に分けて紹介します。

セキュリティ

安心してサービスをご利用いただくためにも、セキュリティに対して貪欲に調査し、対応しています。下記のエントリが参考になるでしょう。

認証・認可

安全にサービスをご利用頂くため、認証・認可は重要な要素です。prismatix事業部では直接コードを書かない顧客への導入支援を行うエンジニアも認証・認可について理解を深めています。

EC

ECサイトを構築するには、注文、決済、在庫、商品といったビジネスドメインへの理解が欠かせません。そういったものについても理解を進め、開発を行っているのが、次のブログエントリを見るとわかると思います。

検索

ECサイトやアプリでは「商品情報をどのように魅せるか?」についても、非常に興味が大きいものです。その際、必要な商品の情報を取得するため、柔軟な検索ができなければなりません。

prismatixでは検索エンジンとしてElasticsearchを利用しており、その特性を理解しながら検索サービスとして提供しています。

品質・テスト

プラットフォームの品質向上やその一環として自動化テストの実施、改善も行っています。下記のエントリが参考になるでしょう。

基盤

ログやデータベース、アプリケーション基盤の維持管理にも様々な方法で取り組んでいます。下記のエントリが参考になるでしょう。

システム移行

システム移行にともなう各種データの移行作業など、メンバーが重厚な作業を行うこともあります。下記のエントリでその一旦が垣間見れると思います。

AWS

AWSのサービスについても我々の組織で使えないか随時調査、検証を行っています。

プロダクト開発の支援

prismatix事業部では、実際にプロダクトの開発・運用するメンバーを支えてくれる専任チームもあります。おかげさまで、開発・運用に従事するメンバーが集中して働くことが出来ています。

部門情シス

セキュリティやアカウント管理などの、いわゆる情報システムを安全に運用する作業を行っています。

業務プロセス改善

サービス運用に関する業務プロセスについて、ITILv4をベースにITSMツールの導入や改善活動を行っています。

YouTube

クラスメソッドが毎年開催しているイベント DevelopersIO にも、prismatix事業部から何名か参加していて、YouTube動画として公開されています。

最後に

prismatix事業部について、少し雰囲気がわかっていただけたのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

さて、prismatix事業部では共にビジネス、技術、その他あらゆる課題を共に解決してくれる仲間を絶賛大募集中です。

prismatix事業部で募集しているポジションについては下記のページよりご覧ください。

もし興味を持っていただけたらカジュアル面談も実施しておりますので、お気軽にお声がけください。

脚注

  1. 先頭大文字が会社名の方です。
  2. 以前は「事業開発部製品開発チーム」という名前でしたが、prismatixの事業に集中するため、晴れてプロダクトの名前を冠した部署となりました。