今年の AWS サービス名前空間、今年のうちに。 2021

君は 2021 年に増えた AWS サービス名前空間を数えたことがあるか

コンバンハ、千葉(幸)です。

2021 年ももう終わりますね。今年も AWS では様々な サービス、新機能が発表されました。

果てして AWS サービス名前空間は何個増えて、トータルで何個あるのか?考えたことはあるでしょうか。

……え?違いますよ、わたしがしているのは AWS サービスの話ではなくAWS サービス名前空間の話です。

AWS サービスは「何を持って AWS サービスと呼ぶか」という曖昧さが付き纏うので、正確な数をカウントするのは難しいでしょう。その点 AWS サービス名前空間は定義が明確なので、カウントするには持ってこいです。一年に一回くらいは思いを馳せてみましょう。

ちなみにわたしの中での 2021 年に増えた AWS サービス名前空間 Best 3 は以下です。

  1. rbin
  2. mediaimport
  3. ssm-guiconnect

上記はいずれも何かしらの新サービス、新機能をきっかけに追加された名前空間ですが、該当する「きっかけ」が何か思い浮かぶでしょうか?

初見で 3 つとも正解した人は、今から自己の責任において AWS マスターを名乗ってもいいですよ。

まとめ

  • 2021/12/30 時点で確認できる AWS サービス名前空間は 300 個
  • 2021 年に増加した AWS サービス名前空間は 40 個くらい
  • AWS サービス名前空間が増えても API は増えない時もある

AWS サービス名前空間とは何か

先に名前空間とは何かをおさらいすると、AWS 用語集では以下のように定義されています。

保持する項目 (名前、技術用語、または単語) のコンテキストを提供し、複数の異なる名前空間に存在する同音異義語項目のあいまい性解消を可能にする抽象的なコンテナ。

AWS サービス名前空間とは、その名の通り AWS サービスを一意に特定するために用いられる名前空間です。ARN (Amazon Resource Name)や IAM のポリシーステートメントで意識する機会が多いです。

例えば ARN では左から 3 番目のセクションのs3iamが AWS サービス名前空間です。

arn:aws:s3:::my_corporate_bucket
arn:aws:iam::123456789012:user/Test

IAM ポリシーの中ではActionConditionで登場します。ここではサービスプレフィックスという呼ばれ方もします。

# Action で用いるアクションの例
ec2:CreateVpc
s3:GetObject

# Condition で用いる条件キーの例
iam:AWSServiceName
rds:DatabaseName

完全には一致していませんが、AWS CLI のコマンドの名称(aws s3aws ec2)としても用いられることが多いです。

AWS サービスと AWS サービス名前空間は 1 対 1 の関係にはなっていません。例えばec2という名前空間の中に Amazon VPC のリソースやアクションが含まれていたり、ひとつの AWS サービスの中で複数の名前空間に分かれているということもあります。

AWS サービス名前空間一覧をどう確認するか

唯一の手段ではないと思いますが、手軽さからわたしはいつも以下のコマンドで確認しています。

i=`aws iam generate-service-last-accessed-details --arn arn:aws:iam::aws:policy/AdministratorAccess --output text` && sleep 1 && aws iam get-service-last-accessed-details --job-id $i --max-items 1000  | jq -c '.ServicesLastAccessed[] | [.ServiceName,.ServiceNamespace]'

改行を挟むと以下の形式です。

i=`aws iam generate-service-last-accessed-details --arn arn:aws:iam::aws:policy/AdministratorAccess --output text`\
&& sleep 1\
&& aws iam get-service-last-accessed-details --job-id $i --max-items 1000\
  | jq -c '.ServicesLastAccessed[] | [.ServiceName,.ServiceNamespace]'

ここでは以下のコマンドを組み合わせています。

簡単に言うと「指定した IAM リソースがアクセス可能な AWS サービスと過去のアクセス実績を表示してくれる」コマンドで、マネジメントコンソールでは「アクセスアドバイザー」を参照するのと同等の操作です。

(ほぼ)すべての操作が可能な AWS 管理ポリシーAdministratorAccessを指定して実行することで、その時点で有効な AWS サービス名前空間を確認できます。

過去に書いた以下エントリで取り上げています。

re:Invent 期間はこまめに叩くと捗る

re:Invent は言うまでもなく新サービス、新機能の発表が多い期間です。新サービスが発表されたらすぐカスタマーがそれを触ることができるということは、関連する API などは事前に用意されているということです。新たな API は大抵の場合新たな名前空間に作成されます。

そのため、正式な発表の前から名前空間を確認できることが多いです。2021年で一番最後に追加された AWS サービス名前空間はamplifyuibuilderで、先述のコマンドの結果においては紐づく AWS サービス名がAWS Amplify UI Builderとして表示されます。これは 12/2 に追加されたことを確認しました。

この名前空間に対応するのは日本時間 12/3 のキーノートで発表された AWS Amplify Studio です。キーノートでの発表の数時間前から新しい名前空間が確認できるので、眺めていると楽しいです。

2021 年末の AWS サービス名前空間一覧

2021/12/30 に実行したコマンドをベースに、一覧を記します。「2021」列に「●」が付与されているのが 2021 に追加されたものです。一部の名前空間はいつ追加されたのか確認ができなかったので、漏れがある可能性はあります。

名前空間のアルファベット順で並んでいます。300 個あるので覚悟してスクロールしてください。

# サービス名 サービス名前空間 2021
1 Alexa for Business a4b
2 AWS IAM Access Analyzer access-analyzer
3 AWS Account Management account
4 AWS Certificate Manager acm
5 AWS Certificate Manager Private Certificate Authority acm-pca
6 AWS Activate activate
7 Amazon Managed Workflows for Apache Airflow airflow
8 AWS Amplify amplify
9 AWS Amplify Admin amplifybackend
10 AWS Amplify UI Builder amplifyuibuilder
11 Manage - Amazon API Gateway apigateway
12 Amazon AppIntegrations app-integrations
13 AWS AppConfig appconfig
14 Amazon AppFlow appflow
15 AWS Application Auto Scaling application-autoscaling
16 AWS Application Cost Profiler Service application-cost-profiler
17 CloudWatch Application Insights applicationinsights
18 AWS App Mesh appmesh
19 AWS App Mesh Preview appmesh-preview
20 AWS App Runner apprunner
21 Amazon AppStream 2.0 appstream
22 AWS AppSync appsync
23 Amazon Managed Service for Prometheus aps
24 Application Discovery Arsenal arsenal
25 AWS Artifact artifact
26 Amazon Athena athena
27 AWS Audit Manager auditmanager
28 Amazon EC2 Auto Scaling autoscaling
29 AWS Auto Scaling autoscaling-plans
30 AWS Marketplace aws-marketplace
31 AWS Marketplace Management Portal aws-marketplace-management
32 AWS Billing aws-portal
33 AWS Connector Service awsconnector
34 AWS Backup backup
35 AWS Backup Gateway backup-gateway
36 AWS Backup storage backup-storage
37 AWS Batch batch
38 Amazon Braket braket
39 AWS Budget Service budgets
40 AWS BugBust bugbust
41 Amazon Keyspaces (for Apache Cassandra) cassandra
42 AWS Cost Explorer Service ce
43 AWS Chatbot chatbot
44 Amazon Chime chime
45 AWS Cloud9 cloud9
46 Amazon Cloud Directory clouddirectory
47 AWS CloudFormation cloudformation
48 Amazon CloudFront cloudfront
49 AWS CloudHSM cloudhsm
50 Amazon CloudSearch cloudsearch
51 AWS CloudShell cloudshell
52 AWS CloudTrail cloudtrail
53 Amazon CloudWatch cloudwatch
54 AWS CodeArtifact codeartifact
55 AWS CodeBuild codebuild
56 AWS CodeCommit codecommit
57 AWS CodeDeploy codedeploy
58 Amazon CodeGuru codeguru
59 Amazon CodeGuru Profiler codeguru-profiler
60 Amazon CodeGuru Reviewer codeguru-reviewer
61 AWS CodePipeline codepipeline
62 AWS CodeStar codestar
63 AWS CodeStar Connections codestar-connections
64 AWS CodeStar Notifications codestar-notifications
65 Amazon Cognito Identity cognito-identity
66 Amazon Cognito User Pools cognito-idp
67 Amazon Cognito Sync cognito-sync
68 Amazon Comprehend comprehend
69 Amazon Comprehend Medical comprehendmedical
70 AWS Compute Optimizer compute-optimizer
71 AWS Config config
72 Amazon Connect connect
73 High-volume outbound communications connect-campaigns
74 AWS Control Tower controltower
75 AWS Cost and Usage Report cur
76 AWS Glue DataBrew databrew
77 AWS Data Exchange dataexchange
78 Data Pipeline datapipeline
79 AWSDataSync datasync
80 Amazon DynamoDB Accelerator (DAX) dax
81 Database Query Metadata Service dbqms
82 AWS DeepComposer deepcomposer
83 AWS DeepLens deeplens
84 AWS DeepRacer deepracer
85 Amazon Detective detective
86 AWS Device Farm devicefarm
87 Amazon DevOps Guru devops-guru
88 AWS Direct Connect directconnect
89 AWS Application Discovery Service discovery
90 Amazon Data Lifecycle Manager dlm
91 AWS Database Migration Service dms
92 AWS Elastic Disaster Recovery drs
93 AWS Directory Service ds
94 Amazon DynamoDB dynamodb
95 Amazon Elastic Block Store ebs
96 Amazon EC2 ec2
97 Amazon EC2 Instance Connect ec2-instance-connect
98 Amazon Message Delivery Service ec2messages
99 Amazon Elastic Container Registry ecr
100 Amazon Elastic Container Registry Public ecr-public
101 Amazon Elastic Container Service ecs
102 Amazon Elastic Kubernetes Service eks
103 Amazon Elastic Inference elastic-inference
104 Amazon ElastiCache elasticache
105 AWS Elastic Beanstalk elasticbeanstalk
106 Amazon Elastic File System elasticfilesystem
107 Elastic Load Balancing elasticloadbalancing
108 Amazon Elastic MapReduce elasticmapreduce
109 Amazon Elastic Transcoder elastictranscoder
110 AWS Elemental Appliances and Software Activation Service elemental-activations
111 AWS Elemental Appliances and Software elemental-appliances-software
112 Elemental Support Cases elemental-support-cases
113 Elemental Support Content elemental-support-content
114 Amazon EMR on EKS (EMR Containers) emr-containers
115 Amazon OpenSearch Service (successor to Amazon Elasticsearch Service) es
116 Amazon EventBridge events
117 Amazon CloudWatch Evidently evidently
118 Amazon API Gateway execute-api
119 Amazon FinSpace finspace
120 Amazon Kinesis Firehose firehose
121 AWS Fault Injection Simulator fis
122 AWS Firewall Manager fms
123 Amazon Forecast forecast
124 Amazon Fraud Detector frauddetector
125 Amazon FreeRTOS freertos
126 Amazon FSx fsx
127 Amazon GameLift gamelift
128 Amazon Location geo
129 Amazon Glacier glacier
130 AWS Global Accelerator globalaccelerator
131 AWS Glue glue
132 Amazon Managed Grafana grafana
133 AWS IoT Greengrass greengrass
134 AWS Ground Station groundstation
135 Amazon GroundTruth Labeling groundtruthlabeling
136 Amazon GuardDuty guardduty
137 AWS Health APIs and Notifications health
138 Amazon HealthLake healthlake
139 Amazon Honeycode honeycode
140 AWS Identity and Access Management iam
141 AWS Identity Store identitystore
142 Amazon EC2 Image Builder imagebuilder
143 AWS Import Export importexport
144 Amazon Inspector inspector
145 Amazon Inspector2 inspector2
146 AWS IoT iot
147 AWS IoT Device Tester iot-device-tester
148 AWS IoT 1-Click iot1click
149 AWS IoT Analytics iotanalytics
150 AWS IoT Core Device Advisor iotdeviceadvisor
151 AWS IoT Events iotevents
152 AWS IoT Fleet Hub for Device Management iotfleethub
153 AWS IoT FleetWise iotfleetwise
154 AWS IoT RoboRunner iotroborunner
155 AWS IoT SiteWise iotsitewise
156 AWS IoT Things Graph iotthingsgraph
157 AWS IoT TwinMaker iottwinmaker
158 AWS IoT Core for LoRaWAN iotwireless
159 AWS IQ iq
160 AWS IQ Permissions iq-permission
161 Amazon Interactive Video Service ivs
162 Amazon Managed Streaming for Apache Kafka kafka
163 Apache Kafka APIs for Amazon MSK clusters kafka-cluster
164 Amazon Managed Streaming for Kafka Connect kafkaconnect
165 Amazon Kendra kendra
166 Amazon Kinesis kinesis
167 Amazon Kinesis Analytics kinesisanalytics
168 Amazon Kinesis Video Streams kinesisvideo
169 AWS Key Management Service kms
170 AWS Lake Formation lakeformation
171 AWS Lambda lambda
172 Launch Wizard launchwizard
173 Amazon Lex lex
174 AWS License Manager license-manager
175 Amazon Lightsail lightsail
176 Amazon CloudWatch Logs logs
177 Amazon Lookout for Equipment lookoutequipment
178 Amazon Lookout for Metrics lookoutmetrics
179 Amazon Lookout for Vision lookoutvision
180 Amazon Machine Learning machinelearning
181 Amazon Macie Classic macie
182 Amazon Macie macie2
183 Amazon Managed Blockchain managedblockchain
184 AWS Marketplace Commerce Analytics Service marketplacecommerceanalytics
185 Amazon Mechanical Turk mechanicalturk
186 AWS Elemental MediaConnect mediaconnect
187 AWS Elemental MediaConvert mediaconvert
188 AmazonMediaImport mediaimport
189 AWS Elemental MediaLive medialive
190 AWS Elemental MediaPackage mediapackage
191 AWS Elemental MediaPackage VOD mediapackage-vod
192 AWS Elemental MediaStore mediastore
193 AWS Elemental MediaTailor mediatailor
194 Amazon MemoryDB memorydb
195 AWS Migration Hub mgh
196 AWS Application Migration Service mgn
197 AWS Migration Hub Strategy Recommendations. migrationhub-strategy
198 Amazon Mobile Analytics mobileanalytics
199 AWS Mobile Hub mobilehub
200 Amazon Pinpoint mobiletargeting
201 Amazon Monitron monitron
202 Amazon MQ mq
203 Amazon Neptune neptune-db
204 AWS Network Firewall network-firewall
205 AWS Network Manager networkmanager
206 Amazon Nimble Studio nimble
207 AWS OpsWorks opsworks
208 AWS OpsWorks Configuration Management opsworks-cm
209 AWS Organizations organizations
210 AWS Outposts outposts
211 AWS Panorama panorama
212 Amazon Personalize personalize
213 AWS Performance Insights pi
214 Amazon Polly polly
215 AWS Price List pricing
216 Amazon Connect Customer Profiles profile
217 AWS Proton proton
218 AWS Purchase Orders Console purchase-orders
219 Amazon QLDB qldb
220 Amazon QuickSight quicksight
221 AWS Resource Access Manager ram
222 Recycle Bin rbin
223 Amazon RDS rds
224 Amazon RDS Data API rds-data
225 Amazon RDS IAM Authentication rds-db
226 Amazon Redshift redshift
227 Amazon Redshift Data API redshift-data
228 AWS Migration Hub Refactor Spaces refactor-spaces
229 Amazon Rekognition rekognition
230 AWS Resilience Hub Service resiliencehub
231 AWS Tag Editor resource-explorer
232 AWS Resource Groups resource-groups
233 AWS RoboMaker robomaker
234 Amazon Route 53 route53
235 Amazon Route 53 Recovery Cluster route53-recovery-cluster
236 Amazon Route 53 Recovery Controls route53-recovery-control-config
237 Amazon Route 53 Recovery Readiness route53-recovery-readiness
238 Amazon Route 53 Domains route53domains
239 Amazon Route 53 Resolver route53resolver
240 AWS CloudWatch RUM rum
241 Amazon S3 s3
242 Amazon S3 Object Lambda s3-object-lambda
243 Amazon S3 on Outposts s3-outposts
244 Amazon SageMaker sagemaker
245 AWS Savings Plans savingsplans
246 Amazon EventBridge Schemas schemas
247 Amazon SimpleDB sdb
248 AWS Secrets Manager secretsmanager
249 AWS Security Hub securityhub
250 AWS Serverless Application Repository serverlessrepo
251 AWS Service Catalog servicecatalog
252 AWS Cloud Map servicediscovery
253 AWS Microservice Extractor for .NET serviceextract
254 Service Quotas servicequotas
255 Amazon SES ses
256 AWS Shield shield
257 AWS Signer signer
258 AWS Server Migration Service sms
259 Amazon Pinpoint SMS and Voice Service sms-voice
260 AWS Snow Device Management snow-device-management
261 AWS Snowball snowball
262 Amazon SNS sns
263 AWS SQL Workbench sqlworkbench
264 Amazon SQS sqs
265 AWS Systems Manager ssm
266 AWS Systems Manager Incident Manager Contacts ssm-contacts
267 AWS Systems Manager GUI Connect ssm-guiconnect
268 AWS Systems Manager Incident Manager ssm-incidents
269 Amazon Session Manager Message Gateway Service ssmmessages
270 AWS SSO sso
271 AWS SSO Directory sso-directory
272 AWS Step Functions states
273 Amazon Storage Gateway storagegateway
274 AWS Security Token Service sts
275 Amazon Sumerian sumerian
276 AWS Support support
277 Amazon Simple Workflow Service swf
278 Amazon CloudWatch Synthetics synthetics
279 Amazon Resource Group Tagging API tag
280 Amazon Textract textract
281 Amazon Timestream timestream
282 AWS Tiros tiros
283 Amazon Transcribe transcribe
284 AWS Transfer Family transfer
285 Amazon Translate translate
286 AWS Trusted Advisor trustedadvisor
287 Amazon Connect Voice ID voiceid
288 AWS WAF waf
289 AWS WAF Regional waf-regional
290 AWS WAF V2 wafv2
291 Amazon WorkSpaces Application Manager wam
292 AWS Well-Architected Tool wellarchitected
293 Amazon Connect Wisdom wisdom
294 Amazon WorkDocs workdocs
295 Amazon WorkLink worklink
296 Amazon WorkMail workmail
297 Amazon WorkMail Message Flow workmailmessageflow
298 Amazon WorkSpaces workspaces
299 Amazon WorkSpaces Web workspaces-web
300 AWS X-Ray xray

お疲れ様でした。

2021 年に追加された AWS サービス名前空間一覧

上記の一覧で「●」が付与されている行を抽出し、追加された日付を基準にソートしました。追加された日付は後から調べられる範囲で振っているものなので、多少ズレている可能性があります。新サービス・新機能の発表時を基本としています。

「re:」という列で「●」が付いているのは re:Invent 期間に追加されたことを表します。

また、「リンク」列では関連する新サービス・新機能に関するページをリンクさせています。

サービス名 サービス名前空間 リンク 日付 re:
AWS Fault Injection Simulator fis 03/15
Amazon S3 Object Lambda s3-object-lambda 03/18
Amazon Nimble Studio nimble 04/28
Amazon FinSpace finspace 05/03
Apache Kafka APIs for Amazon MSK clusters kafka-cluster 05/06
AWS Systems Manager Incident Manager Contacts ssm-contacts 05/10
AWS Systems Manager Incident Manager ssm-incidents 05/10
AWS Application Migration Service mgn 05/18
AWS Application Cost Profiler Service application-cost-profiler 05/19
AWS App Runner apprunner 05/19
AWS Proton proton 06/09
AWS BugBust bugbust 06/28
Amazon Route 53 Recovery Cluster route53-recovery-cluster 07/27
Amazon Route 53 Recovery Controls route53-recovery-control-config 07/27
Amazon Route 53 Recovery Readiness route53-recovery-readiness 07/27
AWS Snow Device Management snow-device-management 08/12
Amazon MemoryDB memorydb 08/19
Amazon Managed Streaming for Kafka Connect kafkaconnect 09/16
Amazon AppIntegrations app-integrations 09/27
High-volume outbound communications connect-campaigns 09/27
Amazon Connect Voice ID voiceid 09/27
Amazon Connect Wisdom wisdom 09/27
AWS SQL Workbench sqlworkbench 09/29
AWS Panorama panorama 10/20
AWS Migration Hub Strategy Recommendations. migrationhub-strategy 10/25
AmazonMediaImport mediaimport 10/26
AWS Resilience Hub Service resiliencehub 11/16
AWS Elastic Disaster Recovery drs 11/17
AWS Systems Manager GUI Connect ssm-guiconnect 11/23
Amazon CloudWatch Evidently evidently 11/29
Amazon Inspector2 inspector2 11/29
AWS IoT RoboRunner iotroborunner 11/29
Recycle Bin rbin 11/29
AWS Migration Hub Refactor Spaces refactor-spaces 11/29
AWS CloudWatch RUM rum 11/29
AWS Backup Gateway backup-gateway 11/30
AWS Microservice Extractor for .NET serviceextract 11/30
Amazon WorkSpaces Web workspaces-web 11/30
AWS IoT FleetWise iotfleetwise 12/01
AWS Amplify UI Builder amplifyuibuilder 12/02
AWS IoT TwinMaker iottwinmaker 12/02

冒頭で載せた個人的ランキングは何に該当するのか、興味がある方は確認してみてください。ランキングの理由も載せておきます。

  1. rbin:名前が好き
  2. mediaimport:名称から何に使うのかが全く想像できない
  3. ssm-guiconnect:こういう新機能の場合に名前空間が増えるんだなという気づき

サービス名前空間からサービスや機能を確認する手段

今回の一覧をどう作ったか、という部分です。

Service Authorization Reference

基本的には以下リファレンスを参照します。

コマンドから得られる AWS サービス名に対応するもののページが用意されています。内訳を見るとアクションやリソースが書かれているので、大体推測できます。

アクションに記載されていても該当する API が無い場合もあります。権限を与えるためにだけ存在するアクションです。例えばiam:PassRoleec2:RunInstancesなどで AWS サービスに IAM ロールを割り当てるときに必要になる権限ですが、単独で実行されるものではないため該当する API はありません。名前空間が増えてもそこで定義されているのが「権限のみ」のアクションの場合もあります。

また、ページ上部で関連する AWS ドキュメントがリストされており、そこから該当ページに遷移できます。

mediaimportのリファレンスページから関連ドキュメントに飛んだ際に RDS のページが表示された時は意表を突かれました。(よくよく調べたら意味が分かった。)

AWS CLI v1 の CHANGELOG

新しい API が追加される時、付随して AWS CLI v1 でコマンドが追加されることが多いです。(v2 はちょっと遅れることが多い。)

名前空間で検索すればどのバージョンで追加されたかが分かるので、あとは History からバージョンが追加された日時を確認すれば OK です。

AWS API Changes(非公式)

API の変更履歴を表示してくれるサイトです。本家の API の変更履歴を参照して表示してくれていますが、このサイト自体は公式のものではありません。

トップページは直近の変更しか表示されませんが、パスとして/archive/service/<サービス名前空間>を指定するとサービス名前空間単位で履歴を確認できます。

Service Authorization Reference では(権限のみでない)アクションが記載されているがこのサイトでは API の変更履歴が確認できない、ということも何度かありました。唯一のソースとせず色々組み合わせて使いましょう。

おまけ:2020年10月時点と 2021年12月時点の一覧の比較

キリ良く 2020年12月末の情報が手元にあったらよかったのですが、少し早めの10月時点の物しか用意できませんでした。

両者を比較した画像を貼っておきます。

  • 左:2021/12/2
  • 右:2020/10/5

ここで差分が出ているが「2021 年に追加された AWS サービス名前空間一覧」に載っていないものを抽出して載せておきます。

サービス名 サービス名前空間 リンク 日付
AWS Glue DataBrew databrew 2020/11/13
AWS Network Firewall network-firewall 2020/11/17
Amazon Managed Workflows for Apache Airflow airflow 2020/11/24
Amazon DevOps Guru devops-guru 2020/12/01
Amazon Elastic Container Registry Public ecr-public 2020/12/01
Amazon Lookout for Equipment lookoutequipment 2020/12/01
Amazon Monitron monitron 2020/12/01
Amazon Connect Customer Profiles profile 2020/12/01
AWS Amplify Admin amplifybackend 2020/12/04
Amazon Lookout for Vision lookoutvision 2020/12/04
AWS Audit Manager auditmanager 2020/12/08
Amazon HealthLake healthlake 2020/12/08
Amazon Lookout for Metrics lookoutmetrics 2020/12/08
Amazon EMR on EKS (EMR Containers) emr-containers 2020/12/09
AWS Tiros tiros 2020/12/14
Amazon Managed Service for Prometheus aps 2020/12/15
AWS CloudShell cloudshell 2020/12/15
Amazon Managed Grafana grafana 2020/12/15
AWS IoT Core Device Advisor iotdeviceadvisor 2020/12/15
AWS IoT Fleet Hub for Device Management iotfleethub 2020/12/15
Amazon Location geo 2020/12/16
AWS IoT Core for LoRaWAN iotwireless 2020/12/17
AWS Activate activate
AWS Control Tower controltower
Elemental Support Cases elemental-support-cases
Elemental Support Content elemental-support-content
AWS Marketplace Commerce Analytics Service marketplacecommerceanalytics

2020 の re:Invent でプレビューリリースされ、2021 に GA になったものもいくつかありますね。

日付が「?」になっているものは追加されたタイミングが確認できなかったものです。2021年に追加された可能性もあります。自力では調べきれなかったので、答えが分かる方はこっそり教えていただけると嬉しいです。

これで安心して年を越せる

2021 年末時点の AWS サービス名前空間一覧を確認してみました。

一年に数十個増えていると考えると恐ろしいですね。来年はどのくらい増えるのでしょうか。

AWS サービスが増えたとき、そのサービスでどのようなリソースやアクションが用意されているのか?を確認するとより深掘りできると思います。重視すべきは AWS サービスではなく AWS サービス名前空間、覚えておいてください。(個人の感想です。)

ちなみにわたしの推し名前空間はtirosです。皆さんもお気に入りの名前空間を見つけてくださいね!!!!!!

以上、 チバユキ (@batchicchi) がお送りしました。よいお年を。